【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  サクライJ

d0079026_14211421.gifさてさて、サクライJ当落発表が明日20あたりですね。

実は私なんとご招待を受けました。
ありがたいことです。

たいした検証はできないと思いますが
私にわかる範囲で参加してこようと思います。

数字とかそういうのまったく弱いんで
体感のみで!!!!!!!!!!


んで
第一期は
「現在のROとの差異を感じるためのテスト」
ということで現在韓国に実装されているR仕様について
ちょっと探してきました。


未実装WIKI

韓国で6/17に実装されたのRの内容(韓国告知)
[基礎システム変更]

 -LV限界の突破(既存の LV99から LV150までへと変更)
 -LVアップのための必要経験値の減少
 -モンスター討伐時、対象とのLV差による
  経験値/ドロップ率の変動
 -スキルキャスティングの時間変化
 -物理及び魔法攻撃力の公式変化
 -物理及び魔法防御力の公式変化
 -命中/回避率の公式変化
 -攻撃速度公式の変化
 -クリティカル攻撃力の公式変化
 -転職の簡略化

[新規及び補完システム]

 -クエスト通知機能追加
 -倉庫システム改善
 -スキルショートカット改善
 -ショートカットコンフィング追加
 -初心者修練場改善
 -LV別にチュートリアルクエスト追加
 -UI 改善
 -Buffの持続時間表示追加
 -スキル再使用ディレイ(クールタイム)/使用後ディレイ表示追加

[今後追加予定]

 -パーティーシステム改善(6/17 サクライR サーバー適用予定)
 -オーバー製錬システム追加(6/17 サクライR サーバー適用予定)
 -モンスター AI 強化

[その他事項]

 -モンスターリレベルリング / 配置変更
 -クエストの難易度及びクエスト報酬一部調整
 -既存スキルたちの再バランシング
 -一部アイテムの防御力及びオプション修正


職に関してはソロでもやりやすい
WIZ系かなー?

しかし延命のためにレベルキャップはずすのに
転生までの必要経験地するなくするって…
矛盾してると思うんですけど…
あとステータス依存より武器依存を多めにするってのも
いい武器買えないと強くなれないの????
課金武器?????への布石?なんてかんぐっちゃったりして

個人的にはリニューアルで寿命を延ばすのではなく
今の世界の充実を広がりでやってほしいなとか思う

でも、実際には難しいのかもしれないから
どうせ変わってしまうなら少しでも意見を述べて
それでどうしても馴染めなかったら
それはそれでしょうがないよね

以前だったら気がつかないうちに
何かが変わることが決定されていて
当然のように実装されたり変更されたりしてきたんだけど
今回はどれだけ意見を取り上げてもらえるかわからないけど
そのテストに参加できるんだしできるだけがんばりたい。

カテゴリー「韓国R」を「R」に変更しました。
サクライの体験はSNSなどで意見交換が行われますが
一般の人は見ることができないようなので
許される範囲でここやRAGUのほうに
記事にしていきたいと思います。


  
[PR]

by yuka_iz | 2009-08-18 14:43 | ◆R・エボプロ

<< モバイル 女神の仮面GETキャ... 公式告知関連 >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。