【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  レポートだしてきました!

レポート出してきました
レポートはこんな感じ中身は省いて
評価と〆の一言を並べてみました。

1-1【ステータス調整についての評価】 悪い
変更意図自体に疑問を持ちます。

2-1【ASPD低下についての評価】 悪い
変更意図自体に疑問を持ちます。

3-1【固定詠唱についての評価】 悪い
変更意図自体に疑問を持ちます。

4-1【物理攻撃に対する武器のAtk値依存強化についての評価】 悪い
変更意図自体に疑問を持ちます。

5-1【モンスターステータス/経験値についての評価】 悪い
変更意図は理解できるが不十分で考慮が足りない。

6-1【経験値偏差/アイテムドロップ率偏差についての評価】 悪い
変更意図が意味不明で
変更意図が余計なお世話です。

7-1【レベルアップに必要な経験値修正についての評価】 悪い
変更の意図に不満があります。

8-1【防具アイテムの精錬効果が低下していることについての評価】 悪い
開発の意図がプレイヤーの心情を無視した都合のいいものだと思います。

9-1【インターフェースについての評価】 良い
開発意図は理解します。

しかし大ポカをやって
三次のテスト続けたくないって
なったまま投稿しちゃったみたい
中の文章みたら 続けて文句言う気満々なんですけど
落とされてしまったらそれはそれでしょうがないですねー

d0079026_2115543.jpg
初日1500人
じりじり減って 300人
100人を切るようになって最後には20~30人の
接続しかなかったサクライJも
最後の夜は100人ほどの接続がありました。

よくこの人数の減少を嘆かれる方がいらっしゃいますが
不真面目テスターが多い からではないんです
この辺は誤解しないでほしいんです。

まず開始数日で出された公式からの質問
 【サクライJは面白いですか?/面白くないですか?】

この質問で希望に燃えるテスターさんは
出鼻をくじかれました。
この一期テストはサクライJを体験するためのテストサーバーです。
この 面白い/面白くない を体験して感じるためのものです
最初から「この仕様のままで実装することはない」
という告知もでていましたし。

なのにはじめて3日で最後に出すべき結論をずばりと聞かれて
答えたあとは…

ここで多くの人が脱落しました。
いや脱落というのは正しくないですね
答えを出してしまいました。

それは何度かお伝えしている
公式質問スレ関係の記事で見ることができます。


この辺だったかな?追加500人があったのは

答えを出したところで
運営チームのささかまさんの
「答えをだすの早くない?」
という記事がUPされました。
正確には何を指しているのかは判明しなかったのですが
ここでまた、
「答えをだせといっておいて早いというのはなんなの?」と
何人かのやる気がそがれました

さらに戸惑う人々に「ROのよいところは?」
という質問が与えられました

サクライJを否定するだけは出来ても
テストとしてどうしたらいいのか?
悩んでいるところにこの質問ですから
この質問に答えて現在のROのよさを再確認し
本鯖に戻っていった人も多いことでしょう

さらにこのあと緊急の訪韓と
「このままでは日本に適用できません」宣言
ここでサクライJサバの存在理由を見失った人も
少なくないと思います。

サクライJに対する答えもだした
あとは体感レポートをするのみとなったら
サクライJにONする理由はほぼ無いんです。

用がないのなら他の用のある場所に行く
普通のことですから
しょうがないですよね


  
[PR]

by yuka_iz | 2009-09-18 21:19 | ◆R・エボプロ

<< 8月の打率 皆様と同じようにラグナロクオン... >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。