【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  アサギルの思い出04

GWから始めたBOT飛ばしもかれこれ半月ほどつづけると
BOT側も妨害をしようとしてきます。

私の場合狩場ではなく道具屋などに必ず立ち寄る
BOTのプログラムを観察して、特定セル上に先に
ポータルを出しておくという方法をとっていました。
(先置きでないと自分からポータルに乗ったという
事実を抑えられないからです。
BOT=プログラムなのでポータルを避けられない。
普通の人がのってしまった?=自分で乗ったので自己責任です。
…という建前が欲しかったというのもありますが
キャラクターのレベルが低かったので
ダンジョン内活動が難しかったせいもあります。
出口ポータルはせずに先置きまたはペットで釣る方式が
アサシンギルド内では推奨されていました。)

特定セル上に座り込んでポータルの妨害をしたり
トンネルドライブやらスキルを駆使してみたり…
ですが基本的にBOTを使ってROの仕様に詳しくない せいでしょうか?
特定セルでチャットを出しさえすれば
簡単に妨害できるのにそれすらも知らない様子。
(実際そのセルを潰されてもはじかれた先を予測して
ポータルを出せばいいので余り問題は無かったんでけどね)

中国語での暴言や粘着いやがらせエモや取り引きなど
そんな攻防が頻繁になってきました。

「小日本!」
「豚!」

これが暴言の定番です。
日本は小さいのでどうも悪口になるらしいのですが
本当に小さいとわかっているので
別に痛くも痒くもありません。
むしろ小さい国なのにこれだけ豊かであることを
嬉しくさえ思います。
「豚」といわれても豚でもないので別に問題ないし
これが悪口になるという事が不思議でした。

ただ、彼らにとっては大変な侮辱な言葉らしいので
こちらが同じように「豚」と返すだけで
物凄い勢いで新たなる悪口を吐き始めます。
漢字なら読めるのですが
大抵はピンイン語と呼ばれる特殊言葉に
なってしまうのでまず意味もわからないので
悪口として成立しません。

代表的なものとしては
-----------------------------------------
操[イ尓]媽
cao4 ni3 ma
(訳)君のお母さんと無理矢理エッチしちゃうぞ
『操』は当て字で,本当は『入』の下に『肉』と
書きます。非常にお下品な言葉です。
-----------------------------------------
(けんか中国語辞典から引用
//colt.at.infoseek.co.jp/jiten.htm)

「おまえのかーちゃんでべそ」 並の悪口ってことですね。






BOT側の妨害はアサシンギルド内部でも始まりました。

アサシンギルドポータルは特殊なメモになるので
誰かにわけてもらうかIWバグで自力でとるしかできません。
同じ志でBOTを憎む人ならば頼まれれば
ポータルを分けていたのですが、
明らかに挙動があやしいキャラクターが
BOTとばしをしている私の周りを
うろちょろし始めたのです。

そのキャラクターはアコライト
自分のキャラクターと同じでポータルをひらける
職業でした。(以下Bアコ)

私のだしたポータルに黙って乗ろうとする
BOTとは違う動きをするそのキャラクターを不審に思い
目的のBOTがポータルにのるとすぐに自分もそこにはいったり
リログしたりしてBアコがポータルに乗れないように
したのですが…

どうも各地でBOTを飛ばしている仲間たちのところにも回ったようで
とうとうアサシンギルドポータルが
どこからかBOT使いの手に渡ってしまったようでした。

アサシンギルドは出口が封鎖されていれば
強制セーブされてしまったキャラクターは
街に帰るにはポータルにのるしかありません。
当時相当な数のBOTがドンドンと送られてきていたので
内部は相当なBOT密度になっていました。

そこに現れたBアコはポータルを開き
自分のBOTを救出しはじめたのです。

ポータルでの救出を防ぐために
IWで塞いだり相手より早くポータルを開いたり
また違う形の闘いが生まれたのでした。
(BOT飛ばし用アコはINTももちろんですが
ある程度DEXがないとポタ勝負で負けてしまのです)

人が多い時間は防衛もできたのですが
深夜人の居ない時間をみはからって
BOTたちは救出されていきました。

24時間張っているわけにも行かないので
しょうがないのですが…救出用アコライトを
作成させるまでにアサシンギルドでのBOT封鎖は
BOTerたちには面倒くさい存在だったようです。
[PR]

by yuka_iz | 2006-05-24 00:03 | ◆アサシンギルド

<< アサギルの思い出05 アサギルの思い出03 >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。