【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  IWの新たな利用法。

対BOT活動で一時IW封じで活躍したIW
BOT側の対策でニュマ縫いとともに無効化してたけど
とても効果的に使っている人がいましたのでご紹介。
d0079026_23403279.jpg

コレはゲフェ道具屋の入り口両脇にIWで壁を作り
エントランスを延長したところ。

大抵のBOTは歩いて道具屋に入るルートが決まっているので
このIWにひっかかりハエ。
出たところからまた道具屋に向かって歩くという
無限ループに入ってしまうらしい。

この段階で歩いてくるルートを想定してポタを出しておくと
自分からアチャたちがポタに吸い込まれていく。
(だいたいSSでポリンのいるあたりかな?)

その成果がこれ
d0079026_23445245.jpg
飛ばさない限り無限ループで
SPが尽きたら負け?といったような状態だけど
かなりの打率でアチャBOTを防ぐことができるみたい。

注意点は、
  ・セルが死ぬので乱射はしない。
  ・一定の場所に最低限だす。
  ・正面から来られたら負け。

他にエフェクトで重くなるとか、音がうるさいとかもあるので
周囲の理解を求めるようにしたい。
ポタと併用でホテル送りにすると
小一時間は戻ってこないようなのでお勧めです。
d0079026_23511495.jpg
この後ちょっと目を離した隙に一斉にBOTが消えていた。
2泊目か?と思われた「ahaha」も同時に。
どう見ても飼い主がちがうっぽいんだけど…
と思っていると、ログアウトしていた一匹が復帰
これって…GMのキック?






別な話になりますが ↑でIWだしているWIZさんは
必死で受け渡し中?????(速報 9/8
「Chaos 教官」と取り引きしていると紹介したWIZさん。
その後彼とお話する機会があったのですが…。

その時は「晒されたままでかまわない」
「誤解されてもBOTからアイテムがほしい」と釈明を放棄されてました。

…ですが、今日みたら素敵な役職名がついてますね。
今日は「身の潔白を証明したい」気分になったんだそうです。

どうやらメディアっていうのはうちのことらしいですけど
そんなたいそうなものではありませんよー。
ただのブログですから…。

BOT妨害の注意にも私が自分で書いているのですが
黒の証拠も白の証拠も存在しません。
誰であろうと「~をしていない」証明はできません。
この世界には状況証拠しかないのです。
黒の疑いは簡単にかかりますが、それを晴らす方法はないです。

団体に所属している方、大事な友達がいる方
何かあったら悲しむ人がいる方は取り引き妨害などの
危険度の高い妨害はやらない方がいいです。

コレは彼にも例外ではなく
彼が白である証明も、確実な黒である証明も存在はしません。
確かな事は、彼が「Chaos 教官」に駆け寄っていって
隣りのマスに立っていた事実がSSとなって残っているのみです。
そして彼が私に語った現場の状況は実際のものとは全く違うものでした。

なので私は彼をより黒に近いグレーと判断しました。

「知り合いもいないギルドにも入っていない
 更に飽き気味だから疑われないようにしようとは思わない」

との彼のコメントもいただいていますので
希望どおり記事はそのままに。

実際の彼がどうなのかはわかりませんが
彼の評価は今後の彼の行動が作っていくでしょう。

長時間のIW妨害お疲れ様でした。


PS/
本当はもう記事にするつもりは無かったのですが
彼が釈明したいようなので、書かせていただきました。
でも、やっぱりBOTの取り引きとかBOTと友達登録とか各種要請とか
続けるって言ってましたけど、そういった妨害はやめたほうがいいですよ?
疑われたくなく なったのなら。

あと苦情が来た時にだんまりは勘弁してください^^
[PR]

by yuka_iz | 2006-09-09 23:50 | ◆BOT飛ばし関連

<< 通報支援(ゲフェン西 光陰矢のごとし >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。