【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  本日の特選BOT(10/3メンテ後編

本日の特選BOTメンテ前編から続く
その結果得られた情報により、運営チームでは
本日約4,460件のGungHo-IDに対し 一斉措置適用を実施いたしました。



d0079026_19301663.jpg

フェイヨンではノビがストリップ
肉入りがなんかいってます…

「~!~」ってなに?????
顔文字??????


首都ではメンテ前に回収した物を配布しています。
d0079026_1931771.jpg


d0079026_19313389.jpgそしてこんな名前の商人やノビたち…

ストレートなお名前…
ROのBOT ワールド2の6番目…ですか^^


d0079026_19321137.jpg
これって

10/3の 2-6鯖の 露店用?????
(UdPd はわかりませんが)それが
10/2のノビとお取り引き^^^^^^^

koreすれなどに連続コピペされている書き込みがあるのですが
457 名前: ネトゲ廃人@名無し [sage]
投稿日: 2006/09/30(土) 03:32:47 ID:???
重大なことに気付いたけどさ。
メンテ中にBAN対象を選んでる訳でなく、メンテ前に既にBAN対象決まってて、それをメンテ中に停止するだけみたいだからさ。
ぶっちゃけメンテ直前や前日くらいに新しい垢とってそっちに移せば完全に安全じゃね?
で、それをメンテ毎に繰り返すの。
普通に考えてメンテ直前に作られた垢をあの癌がログ調べたりサーチしたりしてるはずはないしな。
メンテ直前に新しく作られた垢に資産がどんどん移動していく訳だから倉庫垢を癌は永遠に捕捉できない。
475 名前: ネトゲ廃人@名無し [sage] 投稿日: 2006/09/30(土) 04:48:19 ID:???
>>457
さらに一段上の対策に気付いたぞ
倉庫垢ずっとログインさせとく
これでBANが不定期になってもキックされない限りBAN後も移動できる
癌の対処法はログ調べたりとかを全てメンテ中のみで済ませること
だが癌には時間的に能力的に不可能
まさにコレを実行している感じですかね?

マークされているBOTアカ複数と取り引きがあった場合
BANとかできないもんでしょうか?
実際取り引きしてる時は肉入り作業多いようなので
品物の流れとかで判断するしかないようです。

品物の流れ出BANされないためには
受け渡し方法としては人気のいないMAPで1Z露店を開いて受け渡しとか…
間に捨てノビ数匹かませるとか…
色々な方法を考えているようですね

BOTを使ってリアルの時間を有効に使うっていうのが自慢の皆さんが
そんなにゲームに時間を割いてくださるなんて…
そんなに苦労してもたいした値段でzeny売れないですよ?
いい加減諦めたらどうですか?

という訳で10/2~3の露店さんたち
d0079026_19374147.jpg
d0079026_1937467.jpg


d0079026_19392096.jpg

このひとはメンテ前にモロクに佇んでましたね。
[PR]

by yuka_iz | 2006-10-03 19:39 | ◆BOT★NOW

<< 首都露店調査 (うぽkから転載 本日の特選BOT(10/3面手前編 >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。