【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  計算のできない管理会社

BOTNEWS Light「ガンホー森下社長、Gpara記者に秘孔を突かれる」

Gparaのインタビューでエア社長のコメント
ガンホーゲームズで女性ユーザーが増えました!
「2007年は“爆走”の年!」ガンホー森下氏インタビュー(Gpara)

>特に力を入れたのは、ガンホーゲームズの立ち上げでした。
>ガンホーゲームズの始動により会員層が変化したことは
>大きいと思います。
>以前ですと男女比は8:2程度だったのですが、
>女性が4割にまで増加したんです。
>これはある意味、我々の目算通り。あとはコンテンツの
>増強によって会員数の増加を図っていきます。

ガンホーゲームズ立ち上げ直前の女性会員数は、
6月22日に発表された累計登録数130万IDの
2割で26万IDということになる。そ
の後、仮にGungHo-IDの登録会員数が予想外に伸び、現在は
200万ID突破目前だったとしても、その4割の80万IDが
女性会員ということになるので、全体で増加した70万IDのうち
54万ID、つまり新規登録会員数の77%が女性だったということなる。

もし仮に、9月に150万IDを突破したペースで現在も
会員数が増加していると仮定すれば、去年の12月末時点での
会員数は170万IDと推測され、全体で増加した会員数に占める
女性会員数の割合は実に100%を超えてしまう。

つまり、森下社長の言っていることが正しければ、
およそ半年間で130万IDから推定170万ID~
最高で200万IDに増加したGungHo-IDのうち、
ほぼ全てが女性だったことになるのだが、これは
BOTなどが使用しているアカウント自動作成ツールが、
全て女性の設定で登録するシステムに
なっていた以外に説明がつかないとても奇妙な現象である。


皆さんはガンホーゲームズを見に行った事アリマスカ?
アバターとか作ってます?
正直あれで女性ユーザーが増えたとか
あんまり思えないんですけど…

なんていうか自分たちで努力して数字を出すという
スタンスではないということがよく判ります。
今ある現状をいかに盛り上げて美味しいMMOに見せかけるか?
それしか頭に無いようですね

古くなった刺身に油ぬったって
臭いかいでみたり食べてみれば判るんですよ?

油ぬるにしたって
塗るべきじゃないものに塗ったって新鮮には見えないですよ?
せめて数字あわせくらいしましょうよ
捏造するにしても、もう少し説得力のある数字だしてください。



          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) 
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃
森↓「女性ユーザー増えたことにしたら、直結がつれるんじゃない?」
社員「でも、その数字にしたら増えた分全部女性になっちゃいますよ?」
森↓「新規の客さえ騙せればいいよ。
   BOT見たってどーせ判んないよ。
   首も落させないようにしたしさ。」
社員「BOTも山の賑わいって感じですかね」
森↓「どうせどっかのサイトが五月蝿いだろうけど
   初心者はそんなところ見ないしな^^」
[PR]

by yuka_iz | 2007-01-25 21:20 | ◆その他

<< 「天安門」はNGワード?>FF11 サーバー稼動状況 >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。