【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  ■措置件数 2,150件(アトラクションID数)

不正行為者への措置適用結果のご報告について

ラグナロクオンライン運営チームです。

これまで定期的に行なっていた利用約款違反やノーマナー措置
規定に違反したGungHo-IDへの一斉措置適用(凍結または停止)
の件数報告を変更いたします。

今後は、定期メンテナンス時に前週1週間分の措置適用件数を
GungHo-ID単位ではなく、アトラクションID単位で報告させて
いただきます。

以上、ユーザーの皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。

先ずは措置数報告変更のお知らせです。
今までガンホーID数で行っていた措置数報告が
アトラクションIDごと…に変更だそうです。

ん~
あれですかね?
また措置サボってるからBOT側が調子こいて
1癌IDにアトラクションID詰め込んでるから
措置数が伸びないんですかね?
ああ、違うかな?
お客様は神様だから同じ癌IDでも不正してる赤としてない赤が混在してても
一蓮托生にはしないってことですかね?
不正行為者への措置適用結果のご報告

ラグナロクオンライン運営チームです。

不正ツール利用者対策や、RMT(リアルマネートレード)等の利用約款違反者への措置適用を強化するべく、運営チームによる分析・調査の結果、利用約款違反やノーマナー措置規定に違反する行為が確認されたアトラクションIDに対し、一斉措置適用(凍結または停止)を実施いたしました。詳細は下記をご確認ください。

■実施期間 1月30日(火) ~ 2月5日(月)

■措置件数 2,150件

※措置内容の詳細(内訳やキャラクターデータ)は、
 ラグナロクオンライン サポーティングデータにてご報告致します。

運営チームでは、今後も不正行為者のゲームサーバーへの接続状況やゲーム内のプレイ状況、利用約款やノーマナー措置規定に抵触していないかなど様々な情報を昨年末より実施しているプログラムと平行して分析・調査してまいります。

また、様々な対策を講じ、監視体制の維持と強化に努めることにより不正行為者を排除し、ユーザーの皆様がより快適に安心してプレイできる環境の実現をめざしてまいります。
今週は2.150件だそうですー ははは…
少ない少ない
24サバあってこの数字って
1サバにつき100匹も駆除できてないんですよね?
どこに目つけてるんですかー?
不正ツール対策更新のお知らせ 対策更新されたようですー

本日2月6日(火)に不正対策の更新を実施いたしました。


さてさて、不管理会社の言い分は軽く流して~
どうせRJCの準備だとかラグナロ娘選考の準備だとかで
オフラインでキモキモ盛り上がってることだと思うので
またオフミでもない限り放置管理は続くのでしょう

本日は「BOT露店不買運動振興の日」です。
お手空きの方露店など出される方
ちょっと余裕がたあったら露店看板よろしくおねがいします!

私も今日はいつもの中央カプラ前から移動しまして
噴水下にて露店だしております。
d0079026_19194851.gif

[PR]

by yuka_iz | 2007-02-06 18:08 | ◆公式告知関係

<< ★BOT駆除作戦会議★1体目 10分で絶望できるラグナロクオ... >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。