【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  復活するBOT達 と 悲しい露店

先日の対策以降激しいさばキャンが続いているROですが
対策が効いていたのかBOTの姿が激減していました
しかし、ここに来てまた新規のBOTが大量に出回っているようです。

狼鯖より(画像UPBBS リサイズさせていただきました)
d0079026_10441193.jpg
Fenril 狼
この後もどんどんきました。
確認してませんが、先頭がA~Zまで、
残3文字が同一というパターンから
最低でも20匹以上はいるでしょうね
Date: 2007/02/25/04:27:52
狼鯖だけでなく
色んなところで大量のBOT復活が目撃されている様子
鯖キャンの原因であるBOT対策を管理会社が緩めたか
BOTerが努力して突破したか?

聖堂でのSSなのでこのノビデフォ赤毛たちはアコライトになるのでしょう
Chaosで言うところの「あ・か・ね・~」等が蠢き始めた頃を思い出します。


「Bal鯖の中心でBOT消えろと叫ぶ」さんの記事「悲しい出来事」より
悲しくなった露店。
d0079026_10494934.jpg
…たしかに、BOT露店から購入することは
個人の判断で行うことであり、
私のような一般ユーザーが声高に「買わないで」と叫んでも、
強制力などまるでありません。


ですが……。

「捉え方の違い」の一言で済ませてしまって良いのでしょうか……。
色々な見方ができます。

過激な反BOT派に辟易している人なのかもしれない。
ただ、普通に安く買いたい思っただけかもしれない。
「俺、普通の人とは一味ちがうよ?」といいたいだけかもしれない。

BOTの飼い主かもしれない。
RMT会社関連かもしれない。

たくさんの人が集うMMOですからこういう意見が出てくるものも
想定の範囲内ですが、露店看板にまでするとなるとなにか強い意志を感じます。

確かにBOTから買おうが何しようが個人の自由ですが
自由って言葉はとても便利に意味を操られがちで
その言葉を振りかざせば誰にも責められないかのような
免罪符のような都合のいい使われ方をすることがよくあります。
「俺の自由だろ!」
ええ、確かに自由です。
でもその自由にはその行動に対する評価と責任がついて回ると言う事をお忘れなく
評価するなと当り散らし、責任なんか取らないと逃げるのも自由ですが
そのような人間は社会的に信頼を無くすということです。

何かしら意味があっての看板かもしれません
でも、この露店タイトルだけ見て私が判断するには
この露店タイトルを掲げた人の評価を下げざるえを得ないと言う事です。
実際この露店を出した人が何を思って出したのか知りたいところですが
ご本人が語ろうとしなければ一生知ることはできないですからね




私たちにできることは「買わないようにしましょう」と語りかけることだけであり
それに伴いBOTやRMT そしてアカハックの存在と危険性を
ユーザーに広く知ってもらうためにPRする事ぐらい。

むしろこういう反活動のような看板が出てくるということは
興味のない人や向こう側の人にも活動が知れてきたのだと喜びましょう。
この看板の意味について考える事や意見を交換することは決して
無意味ではないと私は思います。

凹まないで頑張りましょうね!
[PR]

by yuka_iz | 2007-02-25 11:09 | ◆BOT★NOW

<< BOTが変わるとき OWN TERAWAROS復活... >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。