【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  ガンホー広瀬氏、無知っぷりを露呈 ROM776-フリーBBS

R.O.M776のフリー掲示板から引用

■31910 / inTopicNo.1) ガンホー広瀬氏、無知っぷりを露呈

▼■
□投稿者/ nanashi -(2007/04/14(Sat) 18:38:49) [ID:7VH6AHB5]
話題の種別:[指定ナシ] 

双葉社より刊行された「オンラインゲーム すごい攻略やってます Vol.16」にて、ラグナロクオンライン特集ページでRJCの特集が組まれている。
そこでガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社開発本部第二開発部1課の課長、広瀬高志氏にインタビューが行われているが…。
そこで広瀬氏の無知っぷりが露呈されている。

以下抜粋。

広瀬氏…ガンホーRO担当
ゲッターB…すご攻。編集スタッフ
○岡…すご攻。編集スタッフ

RJC構成メンバーについて。

広瀬氏「あ、チェイサーはアリですね。1回、考えたことがあります。脱がし(フルストリップ)チェイサーとクローンスキルチェイサーですね。ああ、チェイサーは入れたいなぁ~」
ゲッターB「安定したやつに、チェイサーを加えると?」
広瀬氏「クリエイターを抜いてチェイサーかなぁ~」
○岡「大胆なメンバーチェンジですね!」
広瀬氏「たぶんみなさん、あまり脱がし対策をしてないんですよ。えーと、ちょっと脱線したいんですけど、コーティングで脱がしの防御はできましたっけ?」
○岡「できます」
広瀬氏「そこで、ディスペルでコーティング解除……」
○岡「できません」
ゲッターB「時間経過でコーティングが消えるじゃないですか。そこを狙うのはどうですかね?」
広瀬氏「それは狙えそうですね。試合中に再コーティングをするギルドって、まず見たことないですから。なので、コーティングが切れるころにトンネルドライブかチェイスウォークで接近して、フルストリップを入れると(笑)」
○岡「ちなみに、フルケミカルチャージの効果時間はレベル5だと600秒ですね。あー、10分ですか(笑)」(注:RJCの試合時間は1試合10分まで)
広瀬氏「あぁ~、それは厳しいなぁ……。そうか、だから試合中の再コーティングがないのか。そりゃあキツイな~」

以上。
そりゃあなた、こんなんじゃバグも発見出来ませんよw
管理するべき人間、RJCでは試合を裁き、見守らなきゃいけない立場の人間が、全然仕様理解してないとか…。終わってる。
ちなみにすご攻。知らない人は↓参照。

オンラインゲーム すごい攻略やってます。
http://www.futabasha.co.jp/sugokou/


それともう一つこのBBSに興味深いスレがたってますね
もしBOTが公認になったら使うかどうか?
というアンケートのようなものです
ボトに関するアンケート
なぜBOTを使わないのか?
規約で決められているから?
なら、規約でOKがでたら 使うの?

私は使いません
RMTもしません
例え規約が変わってもROの中で起こった出来事が
なくなるわけではないからです

例えば他のゲームで最初からどっちもOKで
それを計算に入れたゲームバランスのものをはじめるのならば
わからないかもですが
私が記憶喪失にでもならない限り
やらないでしょうね
[PR]

by yuka_iz | 2007-04-15 10:27 | ◆その他

<< ラグナロクユーザーに贈ることば 汚れているようだけど思うほどに... >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。