【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  韓国RMT取締り と ガンホー株価

韓国,RMTへの規制を本格的に開始。RMT業者には業務停止命令も4game

オンラインゲーム先進国であり,それゆえ,オンラインゲームにまつわるさまざまな問題も先行しがちな韓国において,RMTを厳しく取り締まる法律が間もなく施行される模様だ。

 韓国の文化観光部(日本でいう“省”に該当)は,「ゲーム産業振興法」の改正案が国務会議で可決されれば,来週早々にも施行される見通しであることを明らかにした。
 この改正案で規制対象となるのは,「Lineage」(邦題 リネージュ)などのMMORPGで,不正な手段によって取得したゲーム内マネーやゲーム内アイテムを現金と交換したり,あるいはこの取り引きを斡旋する行為である。場合によっては,RMT業者に対して営業停止を命じられるほどに,強制力の強い規制になるという。
 なお,ここでいう“不正な手段”とは,作業場(※)や,BOTやバグの利用などにより,ゲーム内マネーやゲーム内アイテムを“生産”する行為のことを指す。

 つまりこの改正案がメインターゲットにしているのは,末端のRMT利用者ではなく,RMTによって利益を得ている業者ということになるだろう。韓国内のRMT業者にとっては,死活問題となりそうだが,韓国外に籍を置くRMT業者には,どのように対応していくのか,気になるところである。
 国内法である以上,韓国外の業者への強制力は持てないだろうが,韓国内でオンラインゲームを運営している企業に対し,何らかの働きかけをしていく可能性はあるかもしれない。
これはちょっと古い記事ですが
中国文化部、バーチャルマネーとリアルマネーの取引にメスかccNET
 一方12月に入り、オンラインゲームについてのバーチャルマネーについても、中国政府文化部の■祖海(■は度の又の部分が尺)氏は「中国政府はオンラインゲームにおけるバーチャルマネーやアイテム類とリアルマネーの交易を禁止しなければならない」とコメントし、オンラインゲームのバーチャルマネーやアイテムについての取引を禁止する法律を制定するであろうことを示唆した。こちらもメディアや利用者に大きな波紋を呼ぶ結果となった。例えば中国のメディア、南方日報は「そういった取引は実際に既に相当一般化した状況」と説明した上で「浸透したのに立法で禁止することはいいことか」と疑問を投げている。
本場ではどんどん法規制が進んでいるようです
この状態では法規制が遅れている日本に流れ込んでくるのは必至ですね



月の詩さん
「●S安ガンホー・オンライン・エンターテイメント」
ガンホーの株価がストップ安張り付きのまま、本日の取引を終了したようですね。

<ヘラクレス>ガンホーがストップ安――1―3月期経常益91%減で(2007/05/14 11:02)

(10時40分、コード3765)値幅制限の下限(ストップ安)となる前週末11日終値に比べ5万円安の36万5000円まで下落。上場来安値を連日で更新した。その後はストップ安水準で売り気配となっている。11日に発表した1―3月期業績の大幅減益が売り材料。売上高こそ前年同期比2.7%増の17億3300万円となったが、経常利益は同91%減の1045万円にとどまり、最終損益は3243万円の赤字に転落した。サービスやコンテンツ(情報内容)の拡充による先行投資というが、目先の収益減速に失望した大量の売りが出ている。

 主力のオンラインゲーム「ラグナロク」は引き続き好調というが、他のオンラインゲームとの競争激化に加え、利用者が一部のマニアに限定されるとあって、市場では新たな収益源を求める声が聞かれる。今後発売する予定の、任天堂(大証1部、7974)の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」向けソフトへの期待感は残っているというが、「収益への明確は反映がない限り、株価はじり安の展開が続きそう」(国内証券の小型株情報担当者)との見方がある。〔NQN〕


マーケット速報
d0079026_8105892.gif
ぐんぐん下がってますね

Yahoo掲示板では相変わらずの馬鹿な煽りと
真面目に騙りたい人たちの攻防が…
[PR]

by yuka_iz | 2007-05-15 08:12 | ◆その他

<< 不買運動妨害か? 冤罪ということ03 >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。