【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  アサギルの思い出(まとめ01

d0079026_723736.gifブログの形式上
古いものから呼んでいくのは結構大変なので
「アサギルの思い出」だけでも順番に読めるように纏めてみました。





■ 01 ■
ガンホーゲームスで作ったアバターの日記に書いていたものの転載です。
---------------------------------------------------------


私がBOTと戦うようになったきっかけをお話をしましょう

当時 時計の前はひどいものでアルギオペMAPへと通うBOT達が
毒で真っ赤になりながらそのまま数珠繋がりに行進をして
カプラサービスから道具屋そしてまたカプラという
ほぼ同じルートを通りまた狩場に出かけていくという ありさまでした。

BOTに嫌悪感を感じるとともに、ココまであからさまなBOTを
措置できない管理会社にもげんなりしていました。
それまではアインベフなどテレポート不可地域に
ポータルでとばしたりしていたのですが
ある程度時間がたつと蝶の羽を使って戻って来てしまうのです。
それでも完全自動運転でゆっくりしているBOTの中の人の
手間を少しでも増えさせることができれば…と
空いた時間をつかってちみちみ飛ばしていました。

同時に押し寄せるBOTたち、重なり合ってはじかれて
上手くポータルに入れられない事もありましたが
だんだんとなれてゆき一度に5BOTくらいまで
裁けるようにまでなったものでした。






5月の始めのことです。

リンクしてあるBOTNEWSに
とある記事が書き込まれました。

ウルド鯖でおこった錬金斧BOT事件の時に
有志のユーザーによってIWによる通路の封鎖や
強制セーブのあるアサシンギルドへのポータルなど の
BOT妨害が行われていた…という内容でした。

それを見たときに
対BOT対策として1ユーザーとして何かできるかも知れないと
今まで半分以上諦めていた気持ちに変化が起こりました。

その足でバグ利用といわれてしまうかもしれませんが
アサシンギルドのセーブポータルをとりにいき
自分が拠点とするアルデバラン時計塔の道具屋から
BOTをアサシンギルドに送る事にしました。

最初はなれなかったのですが
同じように記事を見て行動を起こした人たちと
アサシンギルド内で出会い情報を交換し相談し
アサシンギルドの中の仕様も段々と判ってきました。

部屋のある一角を通るとNPCとの会話が発生し
セーブされる。出口NPCは誰かが話し掛けてそのままにしておくと
ロックされる…などなど(現在は中にとどまる事はできません)

各地ダンジョンにペットをつれてBOTを釣りに出かける人
アサシンギルド内でIWBBを使ってBOT整理をする人
みんなそれぞれ考えてBOTの妨害をがんばっていました。


■ 02 ■
BOTNEWSで活動を知った人
人づてに話を聞いてきた人

中にはこの活動のためだけにROに復帰した人もいました。
もちろん物見遊山な人たちもいましたが…
アサシンギルドの中は不思議な連帯感が出来
それぞれが自分のできる範囲でささやかながら
BOTの邪魔をしていました。
ユーザーの結束は固まり

・出口ポータル(闇ポタ)はしないようにしよう
・活動を知らない一般の人に迷惑をかけないようにしよう
・転職にきた人の邪魔にならないようにしよう
 etc


お互いに注意助け合って
「ほんとうはGMさんがしてくれたら こんな事しなくてもいいんだけどね」
そんなふうに笑いながら夜通し出口NPCの番を交代でしました。

BOTたちは相変わらずうぞうぞと動き回り
姿は同じキャラクターなのに心の入っていない
人形っぷりを披露し続けていました。
アイテムを落せば群がり
ペットを出せば後を突いてぞろぞろと
まるでハーメルンの笛吹きです
最初のころは悪きBOTを弄れるという面白さで
楽しんでいたのですが、あまりの人形っぷりに
段々と吐き気を覚えたほどです。

そのうちBOTたちの中にも自動運転を邪魔され
出口を塞がれた飼い主が怒って降臨するように なりました。


★★ : hi
★★ : plz! stop BOT
BOT01 : hi
★★ : plz plz
BOT01 : ww
★★ : no more BOT
★★ : plz! stop BOT

「ww」で流されてしまいましたが
簡単な英語などを使って会話が成立するBOTの中の人も
チラホラ見えるようになってきました。
大抵が中国系の人のようで、たまには自分はアメリカ人だ!
とか、日本人だ!とか言いはる人も出てきました。
どうやら彼らの中では 中国人以外=開放される
…と言うことになっていたらしいです。

日本人だと言い張りながら「5/5は何の日?」などという
簡単な質問に答えられなかったり
カタコトの単語会話しかできなかったり
怪しさ爆発です。
中国人でなければとかそう言う問題ではありません
どこの国のひとであれ BOT行為そのものが許せないのです。


その中で出会った上海在住のBOT02さんとの対話はこうでした。


★★ : 北京?
BOT02 : no
Aさん : 福建
Bさん : おー
BOT02 : no
Bさん : 中華
★★ : 上海
★★ : 台湾?
BOT02 : bye
Aさん : 島根(ぇー
Aさん : 上海だったらしいw
★★ : cu
★★ : go back home
★★ : bye bye

一度帰ろうとしたものの
帰れないので会話を始めるBOT02
(出口封鎖のためポータルでしか脱出できませんでした)

BOT02 : 上海
★★ : live 上海?
BOT02 : yes
★★ : you work is GAME?
BOT02 : yes

★★ : you enjoy your work?
BOT02 : yes
★★ : you work make my sadnes
BOT02 : i enjoy ro
★★ : I dislike you
★★ : plz stop BOT
BOT02 : that i will lost work
★★ : findout another work
Bさん : 是
BOT02 : i must do so for life
BOT02 : bye
BOT02 : this is game
★★ : I like RO
BOT02 : it is my work
BOT02 : i also
★★ : but.....
BOT02 : i see
BOT02 : but...




Bさん : マステラ1個でおにぎりとお茶ねぇ
★★ : 泣き落としはだめか
★★ :  
Bさん : (´ω`)

エキサイト翻訳と無い脳のしわをしぼって
必死で会話しました。

BOTNEWSなどでマステラの実一個(相場価格5000z程度) で、
中国のコンビニでは おにぎり一個とお茶がセットで
買えると言うRMTの話題が出た時期でもありました。

仕事を失う…

そんな言葉を聞いてしまうと複雑な気持ちになりました。
泣き落としはダメか…なんて茶化しながらも
軽いショックで本当に泣きそうだったのはナイショですw


■ 03 ■
ちらほらと肉が入るBOTと少しづつ会話をして
BOTの中の外国の人は生活のために…
本当に仕事としてBOTをしているのだという事がわかり
軽いショックをうけたのですが…

ある日フェイヨンダンジョンでペットにつられて
ポータルに乗ってきたオーラモンクBOTが居ました。
そのBOTはしばらくすると肉がはいり
ペラペラと日本語で話し始めたのです。

「俺 日本人の個人業者」

自分は個人業者でRMTをするためにBOTをしており
正直中国人業者は敵だからアサギルドの活動は
がんばってほしい!

中国人は大抵留学生だから税務署とかに通報すれば
不法就労でひっぱれるYO!
詳しくはこちら


なんでも最近その日本人BOTerさんは税務署に入られて
大層な税金を納めたのだそうです。

べらべら話しをしてくれるBOTerさんは大事な情報源なので
極力暴言を吐かないように抑えていたのですが
正直、中国人も日本人もBOTerはBOTer
むしろ個人的には日本人BOTerのほうが嫌いです。
反吐が出そうです。

そんな奴にがんばれなどと言われたくありませんでした。

こちらが黙って話しを聞いているので
どんどんフレンドリーになっていく日本人BOTer
(以下J-BOT)。彼の会話がフレンドリーになればなるほど
憎しみが湧いてきます。


ただ、この彼は他サバのアサギルドにも
現れてほぼ同じ内容の話を残しています。
「BOTNEWSにはちくらないでね?」などと
しつこく念を押していた事など、情報を流すために
わざとつかまったのではないかと思われます。

実際J-BOTとC-BOT(中国)が対立しているのかも
しれませんので彼の言った税務署に通報という
方法は有効なのかもしれません。

しかし

私たちにわかるのはBOTにつけられた適当な名前
そして画一的な容姿…
税務署だってそんなもの通報されても困るでしょう?


■ 04 ■
GWから始めたBOT飛ばしもかれこれ半月ほどつづけると
BOT側も妨害をしようとしてきます。

私の場合狩場ではなく道具屋などに必ず立ち寄る
BOTのプログラムを観察して、特定セル上に先に
ポータルを出しておくという方法をとっていました。
(先置きでないと自分からポータルに乗ったという
事実を抑えられないからです。
BOT=プログラムなのでポータルを避けられない。
普通の人がのってしまった?=自分で乗ったので自己責任です。
…という建前が欲しかったというのもありますが
キャラクターのレベルが低かったので
ダンジョン内活動が難しかったせいもあります。
出口ポータルはせずに先置きまたはペットで釣る方式が
アサシンギルド内では推奨されていました。)

特定セル上に座り込んでポータルの妨害をしたり
トンネルドライブやらスキルを駆使してみたり…
ですが基本的にBOTを使ってROの仕様に詳しくない せいでしょうか?
特定セルでチャットを出しさえすれば
簡単に妨害できるのにそれすらも知らない様子。
(実際そのセルを潰されてもはじかれた先を予測して
ポータルを出せばいいので余り問題は無かったんでけどね)

中国語での暴言や粘着いやがらせエモや取り引きなど
そんな攻防が頻繁になってきました。

「小日本!」
「豚!」

これが暴言の定番です。
日本は小さいのでどうも悪口になるらしいのですが
本当に小さいとわかっているので
別に痛くも痒くもありません。
むしろ小さい国なのにこれだけ豊かであることを
嬉しくさえ思います。
「豚」といわれても豚でもないので別に問題ないし
これが悪口になるという事が不思議でした。

ただ、彼らにとっては大変な侮辱な言葉らしいので
こちらが同じように「豚」と返すだけで
物凄い勢いで新たなる悪口を吐き始めます。
漢字なら読めるのですが
大抵はピンイン語と呼ばれる特殊言葉に
なってしまうのでまず意味もわからないので
悪口として成立しません。

代表的なものとしては
-----------------------------------------
操[イ尓]媽
cao4 ni3 ma
(訳)君のお母さんと無理矢理エッチしちゃうぞ
『操』は当て字で,本当は『入』の下に『肉』と
書きます。非常にお下品な言葉です。
-----------------------------------------
(けんか中国語辞典から引用
//colt.at.infoseek.co.jp/jiten.htm)

「おまえのかーちゃんでべそ」 並の悪口ってことですね。






BOT側の妨害はアサシンギルド内部でも始まりました。

アサシンギルドポータルは特殊なメモになるので
誰かにわけてもらうかIWバグで自力でとるしかできません。
同じ志でBOTを憎む人ならば頼まれれば
ポータルを分けていたのですが、
明らかに挙動があやしいキャラクターが
BOTとばしをしている私の周りを
うろちょろし始めたのです。

そのキャラクターはアコライト
自分のキャラクターと同じでポータルをひらける
職業でした。(以下Bアコ)

私のだし;たポータルに黙って乗ろうとする
BOTとは違う動きをするそのキャラクターを不審に思い
目的のBOTがポータルにのるとすぐに自分もそこにはいったり
リログしたりしてBアコがポータルに乗れないように
したのですが…

どうも各地でBOTを飛ばしている仲間たちのところにも回ったようで
とうとうアサシンギルドポータルが
どこからかBOT使いの手に渡ってしまったようでした。

アサシンギルドは出口が封鎖されていれば
強制セーブされてしまったキャラクターは
街に帰るにはポータルにのるしかありません。
当時相当な数のBOTがドンドンと送られてきていたので
内部は相当なBOT密度になっていました。

そこに現れたBアコはポータルを開き
自分のBOTを救出しはじめたのです。

ポータルでの救出を防ぐために
IWで塞いだり相手より早くポータルを開いたり
また違う形の闘いが生まれたのでした。
(BOT飛ばし用アコはINTももちろんですが
ある程度DEXがないとポタ勝負で負けてしまのです)

人が多い時間は防衛もできたのですが
深夜人の居ない時間をみはからって
BOTたちは救出されていきました。

24時間張っているわけにも行かないので
しょうがないのですが…救出用アコライトを
作成させるまでにアサシンギルドでのBOT封鎖は
BOTerたちには面倒くさい存在だったようです。


■ 05 ■
アサシンギルドポータルを手に入れたBOTerたち
彼らの妨害はまた違った形でも展開されました。

アサシンギルド内ではこの活動を円滑に行うために
(万人に理解を求められる活動ではないので
できるだけ摩擦を少なくしたいという考えから)
しない方向で話し合われていた
「出口マス直置きポータル」がBOTerと思われるプリーストによって
行われたのです。

当然無関係な人が知らないうちにアサシンギルドなんて
イレギュラーな場所に飛ばされるわけですから
苦情ももちろんでました。
そのたびに説明と謝罪 街への送り届けをして
理解を求めるのは多少骨が折れましたが
この活動を広めることの一環だったかと思えば
悪くなかったんかも知れません。
これがきっかけで活動を知り参加するようになった
人もいたようですので、そこは怪我の功名というところでしょうか。

BOTer達の手に一度わたったポータルは消せません
アサシンギルド内部にも救出目的のBアコやBプリが
何人かやってくるようになり、その都度攻防が
繰り広げられるのでした。

d0079026_12243384.jpg


そんな中やってきたB側の救出プリが
いきなりチャットを立てました

[to town 1Mz]

そのとき肉入りで動いていた
一人のローグBOTがその中に飛び込んだので
自分も入ってみると…

Bローグ「街へ送ってほしい!plz!」
Bプリ「1Mだよ」
Bローグ「このキャラは800Kしか持っていない。まけてくれないか?」
Bプリ「だめだめ1Mだ!1Mじゃないと送らないよ?」
(注/意訳英語で会話してました)

…BOTerさんは同業者さん相手の新しい商売を
手に入れたようです。

アゴはずれたYO


まとめ 02へ
[PR]

by yuka_iz | 2006-05-25 22:11 | ◆アサシンギルド

<< アサギルの思い出 13 アサギルの思い出(まとめ02 >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。