【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  深夜の枝

d0079026_4492237.jpg明けがた時計前でテロがあったそうです。
犯人はこいつ

「久井はん千恵」
何度も死んではセーブから枝を折りながら走ってきます

火力になっている人の横にぴたりとつけて折ったり
転送を使って首都にいって
首都でも何箇所か枝を折っていたようです

枝テロ 特に首都などで行われている時は
すぐに露店を起こすと面白がって
また折りに来るようですね


d0079026_45315100.jpg

枝を折るノビに
色々な言葉が投げかけられます
「もっと折れ~」(ぇw
「もう終り?」
「我孫子」
(我が孫よ とかいう意味
 下に見られたとして
 とても怒るらしい
「狗」
(携帯の変換リストに入っている
 だけでたいそうもめる言葉)
「緑帽子」
(これは意味わからないな)
「鴨」
(動物に例えられるのが
 嫌いらしい?)


等など
オウム返ししたりしてましたが
そのうち色々としゃべり始めたようです


必死って…


必死なのは貴方のホウデスヨ




d0079026_4511733.jpg
A : ないすごりおし
B : 必死な中華BOTはどこ!?
C : しょっぱいなw
D : 我孫子
A : 今首都と往復しておってるらしい
D : 狗
C : w
久井はん千恵 : 我孫子。。
久井はん千恵 : 狗
A : 緑帽子
D : 首都で折ってたよ
D : こいつ
B : 我孫子とか
B : いみわからんw
C : あれ、終り?^^;
D : 我孫子は
A : おまえは俺の孫(ゆうこときけ
E : 厨華?
A : みたいなかんじ
B : ああ
B : なるほど
D : 中国人が言われると悔しい言葉なんだって
C : そうなんだw
久井はん千恵 : 沮喪
B : 我孫子
A : 鴨
久井はん千恵 : 無奈
A : ^^
C : ^^
D : ばーかばーか
B : 天安門事件
久井はん千恵 : 日本人。。狗 鴨
A : wwww
A : 鴨ほんとうにおこるんだw
久井はん千恵 : 南京大屠殺
B : わろすw
久井はん千恵 : 忘了?
C : www
F : プ
D : wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
D : 自分たちで毒くってるようなくにしるか
久井はん千恵 : 了結中文的來
A : 日本人独り頭2000人殺したって本当だと思ってるの?ww
D : 国にカエレ
久井はん千恵 : 日本人錯誤在中國犯下
B : 我孫子 天安門事件
D : でてくんな ご自慢のでっかい国土から
A : 毒くってろ
久井はん千恵 : 廣島 原子彈。活該
D : 土地はたっぷりあるんだろ
C : まぁ何をいってもしょうがないと思うけどw
C : それより
C : おってくれないかな。
迎撃する気満々でまちかまえていたら
その後首都を枝折一周してどこかに消えたそうです。



他には靖国関係とかいろいろ言ってましたが
こちらが発した言葉に関しては
適当に言い返してきているような気もするので

適当に
「オボンヌ~!」とか「オボ~ンヌ!」とか口々に言われたら
すごい悪口だと思い込んで真似したりとかしないかな~?
[PR]

by yuka_iz | 2007-05-29 05:13 | ◆BOT★NOW

<< 9,182件 元ROのGMが寝るまで答えるスレ >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。