【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  立て襟長々と語る

d0079026_15514552.jpg
森下社長: ここ1~2年で、出てきたタイトルを見ていると、うちがこれまでやってきた『ラグナロク1』と似たスタイルのものが少なくありません。また、「オンラインRPGとはこんなもの」という単純発想から生まれたような独自性が乏しいタイトルや、ネットワーク利用による面白さの演出が十分ではないタイトルも一部に見受けられます。
あまりに長すぎるうえに


社長の発言の一つ一つが脱力力に溢れていて
読む気力を失うわけですが…

みんなガンホーの真似だといいたい?
作ったのはガンホーじゃないよね?

『ラグナロク2』を含む新作タイトルを多数リリース!
総合ゲームメーカーへ歩み出すガンホー

デジタルエンタ
森下社長: 今、『ラグナロク1』のユーザーIDは200万を超えており、引き続き成長基調にあります。

 今年は『ラグナロクオンライン2』もローンチしますが、それで従来の『ラグナロク1』がなくなるわけではありません。従って、1作目と2作目を並行してサービスしていきますので、『ラグナロク』シリーズのユーザーは今以上に増えます。

 我々は、ユーザーをまだまだ増やしていきたい。なぜなら、『ラグナロク』シリーズを、単なるオンラインRPGの1タイトルとしては見ていないからです。むしろ、マルチに展開できる“ブランド”として育て、ゲームをはじめキャラクターマーチャンダイジングなどのビジネスも進めていきます。ですから、サーバー運用などのコスト管理も重要ですが、それだけで会員数をコントロールするような考えはありません。

抜き出すのもつらくなってきます
――自社タイトルのプロモーション情報だけではなく、ゲーム内での広告についても効果が高いのでは?

森下社長: ゲーム内広告については、徐々にやっていきたいと思っています。将来的には収益の柱の一つになるかもしれません。特にポータルである「ガンホーゲームズ」のカジュアルゲーム分野では、比較的取り組むのは容易だと見ています。フラッシュ系ゲームと広告の親和性は高いですし、ユーザーも違和感を持たないでしょうから、積極的にやっていきたいですね。

 ただし、オンラインRPGの中に広告を入れることに関しては、慎重にやっていく必要があると考えています。

――それはなぜですか?

森下社長: その理由は、ユーザーが描いているRPGの世界観を、広告の露出によって壊してしまっては意味がないからです。ですから広告を入れるにしても、まずゲームの世界観を優先して対応する必要があります。

 ゲームの中にいろいろな情報があることは面白いでしょうし、タイアップなどのスタイルもマーケティング的には興味深いとは思います。けれども、何よりもゲームの世界観を維持することが大事です。
どの口で言うのか?
長い記事なうえ
えんえんと社長の顔写真が並んでいてつらいばかりの記事です

おっと最後に



社長!襟立て忘れてますよ!
d0079026_15511595.jpg

しかしよく見るとシャツは金ボタンwwwwww


d0079026_945152.gif




d0079026_635014.jpg




社長!襟立て忘れてますよ!
d0079026_6445736.jpg

しかしよく見るとシャツは金ボタンwwwwww
[PR]

by yuka_iz | 2007-06-13 06:45 | ◆その他

<< RMT冤罪BAN進展か? 本日も措置なし 変わらないBOT >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。