【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  本日オフラインミーティングの日

本日は新潟にて
ガンホー主催のオフラインミーティングが行われます。
参加者のみなさんがんばってくださいね

遠い地から元気玉を送ります。

d0079026_7454525.jpg
こんなにきれいなROの世界なのに
実際にはひどい状態です。
d0079026_7575188.jpg

RWCとかオフミとかいろいろあっても
取り繕うことさえしなくなったんですかね?

正直
先日のGM降臨ですっかり脱力してしまっていたわけですが

どんなに通報しても肝心のBOT確認があの状態ならば
(ずんずん歩き続けるBOTに追いすがって声かけ続けるGM
 mobだって足止めスキルあるんですけどね?
 コントっぽいですよね)
そりゃあどんなに通報したって
措置される数が追いつかないよねって思いました。

本当に現状を把握しているのか?
まったくもって疑問です。



効果が薄いから
すぐ突破されてしまうから
数が多いから
BOTもお客様だから

そんなことは措置対策を継続しないことの言い訳にはなりません

効果が薄かろうと措置対策をするのが
管理会社の仕事です。

突破あされるからといって対策をしなければ
どんなことになるかは
誰にだってわかります

「数が多いから」
野放しにした結果ですよね

「BOTも…」
規約にうたっているさまざまなことは
ユーザーだけに適応されるものではないはずです
禁止事項としてあげたものをユーザーに許諾させて
守らせるつもりなら管理側はそれを取り締まる努力をするべきです

d0079026_758761.jpg
BOTに包囲される伊豆カプラ嬢


以前別記事のコメント欄にて
過去のオンラインミーティングに関して発言したところ
情報をいただきました。

「朝までラグナロク」というタイトルで複数サバで行われていたようです。
選ばれた数人のユーザーとGM そして森下社長がチャットで語り合うという
今となっては目を疑うような催しでした。

内容的にも冤罪BANがあった直後でもり
それによって公式で措置者として名前をだされたユーザーの
名誉回復についての話や謝罪などもあったり
なかなか興味深かったです。

「朝までラグナロク」で検索するとログを見ることができます。



この当時はまだオフラインミーティングはなく
このログの中で第一回のオフミ予定などが語られています

なぜオンラインミーティングがなくなってしまったのか?
オフラインをはじめたから必要がないと判断したから?

オフミでは出ない意見もオンラインでは出ることもある
逆もまたしかり




オフミとあわせてオンラインミーティングの復活を
希望したいところです。


d0079026_810389.gif



以下画像UP-BBSからの転載
d0079026_811531.jpg
Chaosモロク ノビ鬼沸き

d0079026_8111260.jpg
Freya監獄 暗いから蛍がよく目立つ

d0079026_812175.jpg
Sara 黒蛇MAP まぶしすぎる

d0079026_8122260.jpg
Sara 転生大量
[PR]

by yuka_iz | 2007-06-17 08:12 | ◆その他

<< うわ~ん>< GM降臨? >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。