【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  GAME Watch オフミの記事

ガンホー、「不正ツール対策への取り組み」を発表
ついに無料チケットを廃止、2007年11月までに80%削減

・不正ツール取り締まりの透明化、効率化
・利用権終了後のキャラクタについて
・フリープレイチケットのあり方
・不正ツールが動作しない環境作り
・不正接続への対策
・不正パケットの取り締まり
・リアルマネートレード(RMT)への取り締まり


 この中で新しい取り組みとしては、3つめの「フリープレイチケットのあり方」である。現状では、アトラクションIDの登録に条件を付けたり、制限を加えることで、不正目的でのID取得を限定していたが、不正利用ユーザーの温床となっているフリープレイチケットに関しては、新規ユーザー獲得のためのマーケティング施策上の一種の“聖域”として残されたままだった。

 今回発表された対策については、この聖域にメスを入れようとしているところが決定的に新しい。具体的なプランとしては、初回登録者に提供しているフリープレイチケットに変わる新たな初心者ユーザーへの施策を検討した上で、フリープレイチケット制度を廃止すると明言している。

 なお、「ラグナロクオンライン」不正対策チームの努力目標として、2007年11月までに、ゲーム内から不正ツール使用キャラクタを80%削減させることを挙げている。この目標をどう捉えるかはユーザー次第だが、具体的な目標を数字で示したことは大きく評価したい。11月まであと半年足らずだが、どのような結果が出るのか注意深く見守っていきたい。


今までの積み重ねからなので
ガンホーがたたかれてしまうのは仕方がないと思う

でも、その信頼のないことを自覚しているガンホーが
期日を区切ってきたのだからそれなりに策があるんだと思う
11月にガンホーの思う80%削減ができても
ユーザーは満足しないだろう

数字を満たすための対策ではなく
心を満たすためのたゆまない努力をしてほしい


満足しないユーザーの中には不正者もいるだろうから
そちら方面の工作的な不満の声はどんどん大きくなるだろう
だからせめてROの改善を願うなら
新しい試みを始めようという姿勢は + として受け止めて
どうしたらそれを達成できるのか考えてみませんか?

正直いって腰を上げるのが遅すぎると 思う
早く早く!もっとしっかり!って 思う
あああ、じれったいって 思う

でも遅すぎるからと何もしないのでは
何も始まらないしそのまま滅びるだけ

今必要なのは
誰もが納得する目標数字をだすことではなく
11月に向けてどのように対策をしていくか
だいたいどんな数字出してもどこからも
文句が来ないなんて事はありえないので
そこで尽力するのではなく
実際に不正キャラクターを減らすという事実を作って
私たちユーザーに示してほしい

信頼ならないガンホーだけど
何度も悔しい思いをさせられたガンホーだけど
今現在ROの管理会社はガンホーで
今まで何を考えているのかわからなかったガンホーが
ユーザーむけに不正対策をしていく意思をしめしたのなら
応援はしていきたい

ガンホーがキチンと運営をできるようにならなければ
ROに先はない

管理会社が変わったら!

なんて夢のような出来事は起こらない
管理会社がかわったって
よくなる保障はないですから

d0079026_1425742.gif

[PR]

by yuka_iz | 2007-06-21 14:03 | ◆その他

<< 緊急メンテ明け 全ワールド臨時メンテナンスのお知らせ >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。