【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  晴れ時々BOT

各地にぼちぼち新規のBOTが沸いているようです。
露店も知らない名前が増えています。

時計にもおもちゃDに向かいシーフが何匹か
オノシュンジ
イデシン
イデトオル
イシダケン
ヤダフジイ
トダリク
イマイハク
通報しておきました^^



さて今日は Lydiaのお話会に参加してきました。

お話の内容は

各鯖のBOTの状況とGMの話と今後の展開の予想
日本人BOTerとユーザーの意識の話
MMOにおけるコミュニティの重要さ

等など充実した内容でした。

現在 ガンホー社さんは
オフミやHPで発表した対策を
少しずつ進めてくれているのだと思います
パフォーマンスだとか信じられないとか
そういう評価はいままでの積み重ねの賜物なので
腐らずに続けてほしいわけなんですけどw

今後 私たちユーザーはMMOに参加するものとして
どうして行ったらいいのだろうか?ということで
いくつか案が出ました。


■ ガンホー対策の把握 ■
 現在がんばっているからといって
 おいそれと信用できる状態ではありません

 実際に対策がされているのか?
 BOTが減っているのか?
 そこはキチンと把握して確認をとっておかないと
 また、いつごまかしに入るか?なんて思っちゃいますよね

 それとあわせて対策への協力としてBOTの通報などで
 応援をしていきたいです。
 数が減っているいま、より詳細な通報が必要です。

■ BOT・RMTカッコワルイ運動 ■
 BOTというと中華を思いがちですが
 実際には国産のBOTもたくさんいるわけで
 実はややこしくてめんどくさいのがこの国産BOTerさんたちです

 なんてったって日本語わかるからごまかすのもうまいし偽装もうまい
 普通に人にまぎれて暮らしていることでしょう。

 BOTがあそこまではびこったのには確実に管理会社に責任がありますが
 BOTやRMTをするユーザーにももちろん責任があります
 かといって、それらをすると決めている人に何を言っても無駄だろうし
 そういう人が「もうしない」といっても 信じられるものではありません
 ですので「BOTイクナイ RMTイクナイ」という意識をユーザー間に浸透させて
 行きたいですね。たとえば プラチナリボン運動とか 他にも
 何かできることはありそうです。 
 
 「BOTやRMTやっちゃう俺って チョイ悪でカッコイイ!」
 なんて思ってる恥ずかしい人は pgr って笑ってあげましょう

■ ユーザーコミュニティの充実 ■
 BOTに追いやられ歪められてしまったユーザーのコミュニティ
 BOTがいなくなったからといって去っていった人は戻ってきません
 BOTがいなくなった後に人がいなくなってしまっては意味がありません。
 MMOで大事なのはユーザーのふれあいユーザコミュニティです
 このユーザーコミュニティをぜひ充実させてください

 では、どうすればいいか?

 簡単なことです
 友達と 仲間と 楽しく遊んでください。
 それだけです。
d0079026_0471626.jpg
途中現れた転生BOT
SSこれしか取ってなかったやw

 
次回予定は7/22(日)14:00 Lydiaイズルード道具屋です
拍手のお返事
7/7 16:29さん
GM情報については 目に見えるものについてならば
情報を集めることに問題は無いと思っています。
[PR]

by yuka_iz | 2007-07-08 22:04 | ◆BOT★NOW

<< Memories of BOT 整然と >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。