【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  Symantec、「実生活に噛み付く仮想世界の罠」を警告

Symantec、「実生活に噛み付く仮想世界の罠」を警告

Symantecが同社のオフィシャルブログ上にて、仮想世界の悪徳ビジネスの害がユーザーの実生活にまで及びかねない状況にあることを警告している。


Symantec曰く、現在の仮想世界には実生活と同じように生活上のルールを守らない人々がおり、そのため脅迫行為やいじめの被害を受けることもあるとのこと。さらに恐喝に応じなかった場合に仮想世界の持ち物を破壊されることもあり、セカンドライフでは大量破壊兵器も見つかったという。
しかし、Symantecはそれ以上に注意しなければならない問題があると警告。
仮想アイテムの売買ビジネスが成長したのに伴ってかゲーム内スパムが増大し、その宣伝のために次々と新しい手口が生まれているとのこと。
場合によってはオンラインゲームのアカウント販売の方がクレジットカード番号を盗むよりも儲かるのだとか。
数週間前にオンラインゲーム「World of Warcraft」にて、何百個もの死んだノーム(精霊)が空から降ってくるという事件が起こった。Symantecではこれをスパマーによるメッセージのばら撒き行為だとしている。


さらにChina Viewが伝えるところによると、先月ブラジルにて人気ゲーム「GunBound」の男性プレイヤーがオンラインチャットで知り合った女性とデートしようと出かけたところ、地元のギャングに待ち伏せされ銃を突きつけられ、ゲームのスコアをギャング団のアカウントに移すよう脅迫されるという事件が起こったとのこと。(後に警察は運良くこのギャングを逮捕することができたという。)


仮想世界は安全な場所ではなくなりつつあることをユーザーも認識しなければならないとSymantecは警告している。


Symantecブログ


[ 海外ニュース ] (2007年08月17日 10:45)
d0079026_1616551.jpg
Falling gnomes spelling out URL


クレジットカードの番号を盗むよりも
ガードがゆるく訴えられにくい
仮想世界のアイテムやアカウントなどを狙う

自分の身を護るために
セキュリティに関する知識を高めなければいけませんが
さらにそのようなアイテムを盗んだものが
簡単に現金化できないような世界にできるといいですね
この犯罪の裏には確実にRMTというものが存在しており
このRMTが成り立つのは仮想通貨を現実のお金で購入する
客がいるからです

本来なら自分でアイテムをあつめたり
して楽しむためのゲームを
zenyを買うことでただのレベリングゲームにしてしまい
さらには犯罪を加速化させてしまっていることに
RMTerは気づくべき

あ、でもRMTerは自分さえよければいいわけだから
そんなことお構いなしかなw



コメント蘭での情報ありがとうございました



原文
Virtual Entrapments Can Really Bite You in Real Life

Well, we all know that playing games can influence your real life, even if it’s just the lack of sleep you get from spending whole nights playing online games. But there’s more to it. There are several crucial points that have to be considered when running around virtual fields with your character. Unfortunately, as in life, some people don't play by the rules.

Sometimes those virtual worlds are not as peaceful as one might think or hope. You, or more precisely your avatar, might get blackmailed for protection money or bullied by others. Destruction of virtual goods can happen if you don’t pay. The discovery of weapons of mass destruction in Second Life confirms this point. (Yes, they do exist; search for “Jessie Massacre” if you don’t believe it.)

But, there are other entrapments to watch out for. We already reported on gold farming and the problem with in-game spam in a previous post. It’s no wonder that this business is growing, as selling virtual objects has become very lucrative. Sometimes, it’s even more profitable to sell online game accounts than stolen credit card numbers.

The people behind those offers are always trying to come up with new ways for advertising their services, such as some weeks ago when puzzled World of Warcraft players saw hundreds of dead gnomes falling from the sky. This on its own might have been awkward already, but the falling gnome corpses then spelled out a URL – a bizarre form of ASCII art, if you will. The spammer made quite an effort to get the message across, much to the apparent bemusement of the other players.


d0079026_1621749.jpg
Falling gnomes spelling out URL

That stunt was harmless enough, though this next entrapment wasn’t. Last month, China View reported where, in Brazil, a player of the popular game GunBound was lured to a date in real life. The lovely girl he thought he was going to meet from the online chat turned out to be a local gang member that threatened him at gunpoint into transferring his game scores to the gang’s account. They later tried to sell his goods for about $8,000 USD. Luckily the police were able to arrest the gang.

Sad but true, these cases show how threats are evolving in virtual worlds and why gamers need to be aware that their online world is just not the harmless escape it used to be. If they can’t get you in the virtual world they might try it in real life - where many of us just don’t have "+2 shield of damage protection.”

Next time, I'll write about the rise in malware that targets user accounts of popular online games, since that's more then enough material for another blog article.

Excite翻訳
仮想の罠は本当に現実であなたに噛み付くことができます。

さて、私たちは皆、ゲームをするとあなたの現実に影響を及ぼすことができるのを知っています、それがただあなたが全体の夜をオンラインゲームをするのに費やすのから得る寝不足であっても。 しかし、それには以上があります。 あなたの性格と共に仮想の野原を走り回るとき考えられなければならない数個の正念場があります。 残念ながら、人生のようにルールに従って行動しない人々もいます。

それらの仮想世界は、時々、人が思うかもしれないほど平和でないか、または望まれています。 用心棒代のために揺すられるか、またはあなた、または、より正確にあなたのアバターが他のものによっていじめられるかもしれません。 あなたが支払わないなら、仮想の商品の破壊は起こることができます。 Second Lifeでの大量破壊兵器の発見はこのポイントを確認します。 (はい、存在しています; それを信じていないなら、「ジェシーMassacre」を検索してください。)

しかし、注意する他の罠があります。 私たちはゲームにおける前のポストによるスパムに関する金の農耕と問題に関して既に報告しました。 仮想の物を販売するのが非常に有利になったのに応じてこのビジネスが成長するのは、驚きではありません。 時々、オンラインゲームアカウントを販売するのは盗まれたクレジットカード番号よりさらに有益です。

それらの申し出の後ろの人々はいつもWarcraftプレーヤーの当惑したWorldが、何百個もの死んでいる格言が空から落ちているのを見たとき数週間前などの彼らのサービスの広告を出すための新しい方法を思いつこうとしています。 それ自身のところのこれは既に無器用であったかもしれませんが、次に、降下している格言死体はURLと#8211というのについて詳しく説明しました; 言わば奇妙なフォームのASCII芸術。 スパマーは意味を了解するためのかなりの努力を他のプレーヤーの見かけの困惑に直径と、たくさんしました。


d0079026_1620588.jpg
URLについて詳しく説明する降下している格言

その妙技が十分無害であった、これですが、次の罠はそうではありませんでした。 先月、人気ゲームGunBoundのプレーヤーがブラジルに現実における日付まで誘い出されたところで中国Viewは報告しました。 彼がオンラインチャットから会うつもりであると考えたかわいい少女は、銃口でギャングの口座に彼のゲームスコアを振り込むのに彼を脅かした地元のギャング団の一員であると判明しました。 彼らは後でおよそ8,000ドルのU.S.ドルのために彼の商品を販売しようとしました。 運よく警察はギャングを捕らえることができました。

悲しいのですが、本当です、これらのケースは脅威が仮想世界でどのように発展しているか、そして、ゲームプレーヤーが、なぜ彼らのオンラインの世界が昔の無害なエスケープであるだけではないことを意識している必要であるかを示します。 「仮想世界であなたを得ることができないなら、私たちの多くには」 +2 損害保護のシールドがただないところで彼らは現実でそれを試みるかもしれません。」

次回、私はポピュラーなオンラインゲームのユーザ話を対象とするマルウェアにおける上昇に関して書くつもりです、次に、それが別のブロッグ記事に物質的により十分であるので。

[PR]

by yuka_iz | 2007-08-18 16:14 | ◆アカハク/セキュリティ

<< AMのBOT exciteユーザーさんご注意... >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。