【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  GMとのふれ愛?

GM巡回が始まって2ヶ月ほど
※この記事は数日間の間にあったGMのSSをまとめています
 現在はまだ 誰でもどこでも出会えるというほど
 頻繁な出没回数ではありません


それでもまだGMは珍しいもののようで人だかりができています
d0079026_22264171.jpg
Chaos 首都南臨時広場に現れたGM
周りのリクエストに答えて女性GMもその場に呼んでいたそうです
ずいぶんと対応が柔軟になりましたね

画像UP-BBSより
d0079026_2228711.jpg
GMに期待♪

BOTではないですがVerdandi鯖にもついにGMが!
その日、プロのセーブポイントに大量のBOTが出現、
しかも全部同じBOTerのキャラで肉入り!

どうしようもないなぁと思いつつ静観していると、
次々とBOTが出現し、計30体を超えたところで、
プレイヤーでこの鯖にGMがこない以上何とかしようという
動きが生まれ、プレイヤーが集まりだし、
枝、ポタの準備が始まり、
いざBOT駆除を始めようとしたときでした。

目の前に突然GMが!!!
しかも二人も!!!!
そして大量に集まったBOTを次々と監獄へ収容し始めました。
さすがにたまらんとBOT(メインキャラで肉入り?)
が一人逃走しました。

それをみた広場のほぼすべてのプレイヤーが
「逃がすな!!」という言葉と一緒に追撃、
ポタとIWで阻止しました。

それを見たとき、ベル鯖も捨てたものじゃないなぁと
感動しました。
一人AFKで座っていたプリがBOTとかぶって、
GMさんが隣のマスに移動させる一面もありましたw

GMさんの邪魔をしては悪いと全員でその場所を囲み、
眺めているとあらかた片付いたのかGMさんが
ひょっこり出てきました。

最後はみんなで記念撮影ww
ベル鯖のアイドル養子プリw:2007/8/20(Mon)16:29 [155]


ROM776さんのSS掲示板ではGMとの遭遇画像が
いくつも投稿されていました
その中にこんなSSも

No.5845 GMさんに取材
NAME : Sesにて[ ] / TIME : 2007/09/01 (Sat) 08:55 ID:HqbTLlUpH/g
d0079026_22295029.jpg
これを見ていると
いつぞやのGMによるアイテム流出などをふまえて
GM巡回のシステムを考えているようですね
ヒャックたんのようなフレンドリーなGMは
今後出会うことは無理ってことなんですね
(ヒャックタンもうさ耳事件とかおこしてましたしね)


この記事へのコメントでのやりとりなんですが

GMが巡回中に
「GMだ石ぶつけろー」
とか枝での妨害とかがあるとかで
(Chaosでは見かけたことがないので少々驚きですが)
ユーザーも腐ってるな というコメントに
「腐らせたのはガンホーだろ」
というレスがついていましたけど

実際腐っていないユーザーもいるわけですから
何でも環境のせいにして居るのはどうかと思いますね

環境がどんなに悪かろうと
腐る腐らないは個人の資質です
それで腐るのは腐るだけのことがある人だったわけだと
私は思うわけです

腐った自分で胸を張らないようにw
[PR]

by yuka_iz | 2007-09-02 22:36 | ◆めざせ!BOT-100%

<< RO2BOT 大型アップデートで10月に2マ... >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。