【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  雑記

明日はBOT露店不買運動の日、そして
暗号化第一弾の日です

d0079026_1642868.jpg


d0079026_15592025.gif正直言って私は現状にはとても満足しています。
次にアンケートがあってそのときに現状を維持できているなら
80%達成にチェックいれてあげてもいいかもw


いやーガンホーどうしちゃったんでしょう?
去年のオフミからは考えられない変わりようですね

「課金アイテムの次に不正対策」

なんて口滑らせて叩かれていたのが
つい昨日のように感じられるわけなんですがw

今年の6月からこっち
確実にガンホーの対応は変わってきたと思います

まぁ、手動でここまで出来るなら
もっと早くからやれとか
この先も信用ならないとか色々こまごまあるんですけどねw
でも、まぁとりあえず一区切りですよね



ブログを始めたきっかけはアサシンG事件でした

その当時のBOT排除運動や運営の対応を肌で感じて
とにかく運営にBOTが大量にいることを認めさせ
不正対策に積極的に動いてもらいたい

そのためにはもっとユーザーの間で
このBOTや不正問題について
認識してもらう必要がある

そのために一ユーザーの自分でもできることを
必死で考えて記事を書くこととBOT排除活動を始めた
その活動の間
多くの方に励ましの言葉をいただいたり
アイテム援助もいただいたり
多くの人と出会い話し 意見交換し
時にはコメント欄での罵りあいなどもあったかなw
今はコメント閉じちゃったんでそれすらも懐かしいですね

自分でいっちゃうのもなんだけど
ブログを立てただけの収穫はあったと思ってます


途中色々あったけれど
1年半を要して私の希望であった

「とにかく運営にBOTが大量にいることを認めさせ
不正対策に積極的に動いてもらいたい」
は、ほぼ達成できたんじゃないかって思ってます

もちろんこれは私だけの功績っていうのではなく
多くのいろんなベクトルをもった皆さんが
頑張ったおかげだと思っています

この活動を通して多くの人がROを愛していることが
再認識できてそれもとても大きな収穫でしたね!
(歪んだ愛もありましたがw)




個人的な結論を言えば
このブログも私もお役御免かなぁ
と言う感じです

BOTがいなくなってもブログを続けて欲しいという
拍手なんかもいただきましたが
BOT対策のためだけに生まれたキャラとブログですので
そういうのがいなくなったら何をしていいのか?
ちょっと分からないのが本音です
かといってBOT完全0っていうのは
MMOの性質上まず無理なのですけどねw

ですがブログを〆るとか引退とかっていうのは
今のところ考えていません
なぜならROは今やっといい方向に動き始めたのですから
ここまで来て手を離すのはあまりにもったいないですしね!
ここからが本当の勝負だー!って感じですよね

暫くは暗号化などの不正対策をその結果のRO内レポートとか
書く記事には困らなそうですし
RAGUweb.netのほうにも投稿したいと思います

時間と事情の許す限りは
フリーダムにROを楽しみたいと思います。
普通に狩りに行ったりとか!!!




最近記事書いてないから文章があやしいかも
[PR]

by yuka_iz | 2007-12-18 00:43 | ◆その他

<< 大好きなROのために出来ること オフミ開催結果(公式 >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。