【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  その後 マンドラゴラ森

d0079026_2213533.jpg夕方まで飛び回ってたBOTは
見かけられず
クリーミーがテレポしてるだけ

ポリンを割ってみると
茎が数本

首都の露店を見ると
BOT露店と思われるものが数店舗
d0079026_22142590.jpg
d0079026_22143185.jpg







WEB拍手でいただきました

1:17 神器はドワーフMAPでの枝妨害でまったく進まないんだよね・・・
Chaosの枝折りさんは資金が尽きたとかで
枝妨害がだいぶなくなったようです。
でも、神器開始と同時に4次のアイテムくれる子供の前に
あとはもらうだけ!って人が数十人座ってますので
4次になったら数分で終了なんですけどねー
8:54 Irisじゃ神器用ギルドが当たり前のことなのでバグの話で驚きです。鯖ごとに意識が違うのだなぁと。。。
Chaosでも同じようなことはあったんだと思うんですが
その辺はデータ集めてないから分かりませんねー
Gvのこととかは私の守備範囲外なんですけどね
18:37MMC800人突破おめでとうございまーす!
ありがとうございます!!!!!
20:24 
Odein鯖レースBOT追加情報ー
GMと共に消えた制御文字入りケミBOTなのですが
状況から見てアリーナ送りになったことは確実で、
しばらく現れず、
2日後に違う名前で同じ挙動のアコBOTが投入される

Odinの鯖板でも追撃のチャンスだ!みんな通報しよう!
などのレスが飛び交い、そのアコBOTはなぜか
1日だけしか目撃されずにいなくなりました・・・
平和を取り戻したと思いきやここで恐るべき自体が・・・

GMに連行され、BANされたと思われていた
制御文字入りケミがレース会場に戻ってきているのです・・・
(↑いまここ)もちろんどう見ても機械的な動きです。
本当にありがとうございました

BOT露店と違って自動で動いていることを
GMが直に確認しても、まるで露店のようにもどってくる・・・
はっきり言って・・・GMの巡回。
取締りって何なの?としか言いようがない事態です…
すごい複雑です…

長文失礼しました。
癌呆wwwwwなんて言われないように
もっとしっかりしてもらいたいものです…はぁ…
うむー

喜びもひとしおだっただけに
落胆も激しいのですよね

露店とかレースのBOTは判断が難しいのか
戻ってくるケースは多いようです

以前どこかで見た
GMに問い詰められた時の言い訳として
・PCがフリーズして返答できなかった
・GMに話しかけられてパニックを起こして返答できなかった
・返事するのが嫌だった
等など

あからさまな嘘だと分かっていても
可能性がある場合はGMとしては
頭から否定するわけには行かないようです

返事するのが嫌…とかは
もうBANしちゃっていいんじゃないかって気もするんですけどw
通報収監即BANってのも冤罪のこと考えると怖いので
この辺は運営側もユーザー側としても難しいとこなんじゃないかなー
通報は出来れば続けて欲しいです。

通報きてない=BOTいない

なんて認識されたら困りますからね~
BOTのSSなんか取れましたら
内の画像UPBBSかRAGUweb.netの掲示板なんかでも
貼り付けるといいかもしれません。
[PR]

by yuka_iz | 2008-02-09 22:15 | ◆BOT★NOW

<< 今朝のゴルァ森 thx! 800 >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。