【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  続々報告

暗号化なんて人の作ったものですからいずれは突破されるもの
2週間とちょっとが長いか短いかは置いておいて
問題は、この後のガンホーさんの対応ですよね
暗号化第二波を出すまでの間に
どれだけ手動で取り締まることが出来るのか???
ここが最も大きな問題です。
Ragnarok Online ユーザー連盟Lydia支部(跡地)
とうとうBOTを目撃 -Lydia
Bal鯖の中心でBOT消えろと叫ぶ
復活の兆し? -Baldur
観察日記inOdin
「復活…」 -Odin
RAGUweb.net
BOT復活祭?? 全国各地の様子 -Iris/Tyr
RAGUweb.netのBBSより -Tiamet
d0079026_17492723.jpg
カプラに顔向けてるんで肉入りかも知れないけどね。
せんせいとしては「肉入り」で来られる方が嫌なんだけど。

せんせい [2008/03/15(Sat) 14:58]

CHAOS-BOTSHOPLIST
第68回BOT露店リスト -Chaos
SHOP-LISTさんでは露店を2店舗チェック

拍手でいただいた情報~
9:59
BOTを全くみない昨今ですが、Odinサーバーでは一週間ほど前から以前のものと同じ動きをするレースBOTが配置されています・・・実際に動いてるものを見たのは実施後初めてだったのでちょいショック
一週間ほど~となっているのはあやしい商人だなーと思っていたのがそのくらいで、込み合った時間に後から来て人に重なろうとしている現場を見たのが最近だからです。
人が多い時間なら結構重なりは頻繁に見ますが、レースBOTはなかなか発覚までに時間がかかります・・・
レース会場とか見に行ってるんですが
(行くのが可能なサバのみ)私は遭遇できていません。
時間が悪いのかも????
13:02
まず過疎鯖で実験的に投入なんでしょうかね。目撃されてもBANされなかったら人の多い鯖にと…暗号化なんて突破されて当たり前なんで、突破された後の動向に注目したいです。
人の多い、しかも1.5倍の週末を狙っての投入という感じもしますね
これで1.5倍期間中放置だったらガンホーの評判がた落ちですもんね
ここはみかけたらマメに通報を~
追加拍手
18:26
暗号化は突破されるものだと予め想定して
第二、第三と対策が癌にあればいいんですが・・・
そこのところが…一番の気がかりなんですけど
18:30
1@数日前にバルダにいるレースBOTについて報告した物です、まだいます。名前は*****
2@名前に特殊記号が三つ入っている古いBOTです。稼動は2時ぐらいから17時ぐらい。
バルダーでは私のキャラはノビのため
さすがにレース場までは見にいけません
良ければSSなどとってBBSにでも貼っていただけると助かります。
特殊記号の状況なども名前取得してテキストに貼り付けるなど
いくつか方法があります。私は見に行くことが出来ないので
とりあえず名前を伏せさせてもらっています。
18:35
「ヽマ」「十卩」&
「之甬」「辛反」の必要ないROにして欲しいですね。
本当ですよね



[PR]

by yuka_iz | 2008-03-15 17:56 | ◆BOT★NOW

<< 新BOT 試験運転中? 短い平和だったかも? >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。