【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  公式ブログ トラバに関するお願い

公式ブログからトラックバックに関するお願いが出ています。

コメントについては承認制であるので
ある程度荒らしは防げていたようですが
(縦読み自重www)
トラックバックは情報提供の意味合いもあったようなんですが
そんなに記事に関係ないトラバ多かったんでしょうか?

ブログのコメント・トラックバックに関するお願い
こんにちは、ラグナロクオンライン運営チームです。

皆様からのたくさんのコメントとトラックバック、ありがとうございます!!
様々なご意見もいただいて、本当に参考になります。

そこで、運営チームからひとつお願いがあります。
コメントやトラックバックをいただけるのは大変嬉しいのですが、
ラグナロクオンラインのゲーム内に関する要望・ご意見に対しては、
ガンホー・オンライン・エンターテイメント(株)のWEBヘルプデスク
https://secure.gungho.jp/index.aspx
にお送りいただければと思います。
※ご意見の投稿にはGungHo-IDおよびログインが必要です。

現在このブログでは、記事の内容に関係ない投稿に関しては、
承認を控えさせていただいております。
大変申し訳ございませんが、ご理解ご協力をお願いできれば幸いです。



ROへの要望などをコメントやトラバで書きたくなる気持ちは
ちょっと…いや、かなり分かるんですよね
ヘルプデスクは個人間のやりとりで
他の人の意見が見えないから
人の目に触れる場所で意見を述べたい…これはまぁ
普通の気持ちじゃないでしょうか?

RO板とかそのあたりで話すこともできますけど
こういった公式により近いところで
議論を交わすことが出来る場所ってのは
必要なんじゃないかなー

その議論を「荒らし」ととるかは
ブログ主の懐の深さ次第なんですよねー

何でもヘルプデスクへって
右から左へ受け流すだけでなく
正式な要望はヘルプデスクへ
ここではあくまで議論をかわすだけ
くらいの余裕は見せて欲しかったかも?

もしかしたら運営が思いつかないような
自由で画期的な意見が飛び出すかもしれませんよ?

あ、でも
記事内容にまったく関係ない事書いても単にKYなわけですから
トラバ撃つほうは結びつけられそうな記事がくるまで
言いたいことがあっても眈々と待つのがいいかもしれませんよ?
タイミングはいつでも大事です



今までが今までなので
大荒れに荒れて結果トラバコメント封鎖とかで
ブログが完全な一方通行になってしまうのも
予想できるだけに慎重になる運営の気持ちもわかります

でも、そのへんは想定した上でブログをはじめたんだと思いますが
障害は多そうですよね

うちのような個人ブロガーとちがって
公式の看板は重たいよねぇとしみじみ思っています

がんばってくださいね!
>公式ブログ運営チームさん!



今後 運営チームのお仕事についてとか
とても興味深い内容が予告されてますし
コラムは二回としてもお知らせなどもあって
それなりに楽しめそうですね。

d0079026_147465.gif…ということでトラバぽちっとな

■トラックバックとは?


[PR]

by yuka_iz | 2008-04-24 14:10 | ◆公式告知関係

<< PCが~ 不正ツール対策に関するアンケー... >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。