【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  ゲーム内での不買運動 (ひとまず)終了のお知らせ。

私はBOT露店で買い物をしません同盟さんから

ゲーム内での不買運動 (ひとまず)終了のお知らせ。がでています。
こんばんは、Rorreccです。
ROのメインキャラのプリーストがついにLv98に到達し、オーラロードを突き進むべく狩りに勤しむ毎日です。
タムランオンラインはいい加減疲れた__○_

間もなくアサシンギルド事件から2年が経とうとしています。時が経つのは本当にはやいものですね。
この事件は、それまでBOT・RMT問題に無関心な一人に過ぎなかった私が、対不正プレイヤー運動に首を突っ込むきっかけとなったものでした。
あれから2年、ROの様子は大きく変わりました。
今現在の時点では、ゲーム内でBOT・BOT露店の姿を見ることは殆どありません。

私がこの同盟を立ち上げたのは2006年の10月頃。
その頃のROは、まさに「BOT最盛期」と言える時代でした。
プロンテラの露店街にはBOT露店がひしめき、狩り場にもBOTが溢れかえり、BOTを見ない日など殆ど存在しないほどでした。
そんな酷い状況でも、不正対策に関しては中々重い腰を上げない運営会社。

運営会社が頼りにならないのならば、プレイヤーに何かできることはないのか。
そのような思いから、このBOT露店不買同盟は立ち上げられました。

同盟を立ち上げてからは1年半。
プレイヤーモラルの低下、初心者とベテランの格差問題 etc... ROを取り巻く諸問題はまだ色々と残っています。ですが少なくとも、BOT・RMT問題という点に関してはほぼ「正常」な状態に立ち直りつつあるのではないか、と感じています。

前置きが長くなりましたが、ここから本題に入ります。

そうしたゲーム内の変化を受けて、ROにおける当不買同盟の在り方も少し変えていきたいと思っています。

現在、
WEB上での同盟普及活動
ゲーム内での露店看板による不買運動 
という2本の柱をもって活動を行っている状態ですが、
このうち「ゲーム内不買運動」について、次週5/20のアサシンギルド事件の日を最終日として、いったん終了させていただきたいと思います。


もちろん、今の状態が永遠に続く、などと安心しきっている訳ではありません。

ROにおける取締りが厳しくなり、他ゲームにBOT・RMT業者が流れているという噂も絶えず耳にします。
それら他ゲームでの取締りが厳しくなれば、ROにBOT・RMT業者が再び舞い戻って来る可能性も、十分に有り得ると思います。
そうならない事を願ってはいますが、もし再びBOTが復活するようであれば、その時はまたゲーム内での不買運動を再開したいと思っています。

今まで、ゲーム内で不買看板を出し続けていただいた方々に、この場を借りて改めてお礼を申し上げます。皆さんの力なくしては、この運動がここまで普及することは有り得なかったと思います。

プレイヤー一人一人の力、声は確かに小さいものかもしれない。
けれど、小さな力でも、小さな声でも、たくさん集めることができれば。
地道に継続して声を上げ続けていれば。
ゲーム全体の意識を、変えることだってできる。

不買運動に賛同・参加頂いた全てのROプレイヤーの皆さんが、それを証明してくれました。
今までご協力、ほんとうにありがとうございました。



なお、ROゲーム内での不買運動はいったん終了させていただきますが、WEB上における普及活動(バナー配布など)は今後も続けていくつもりです。
もちろんROだけでなく、他ゲームにおいても、「不買の心意気」が広がっていくよう、今後も地道に活動を続けていきます。

これからも、よろしくお願いいたしますm(u_u)m
とりあえず一区切りということですね
お疲れ様でした

数々の運動は 訴え続けることは無駄ではないと
証明してくれたものだと信じています。

出来ることならゲーム内でも復活せずにいられるように祈りたいですね



[PR]

by yuka_iz | 2008-05-14 22:32 | ◆めざせ!BOT-100%

<< 今月の打率とサポーティングデータ 他ゲームのお話 >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。