【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  新ログイン困った話

d0079026_20391255.jpg
新ログイン方式で色々不満も出ているようですが
もっとも問題が大きいのは
1PC2アカの人や
1PC2癌ID2アカの人で主にソロな人かな?
ナニが問題かっていうと
アカウントが複数あることでアカウント間のアイテム受け渡しが
スムーズにできなくなってしまったってことらしい
見知らぬ人に頼むのも怖い
かといって受け渡しを常に頼める相手もいない
接続時間なんかの関係もあってそういう人多いようです。

今まではどうしていたかっていうと

・地面にドロップさせてすばやくチェンジ!
 消える前にアイテムをGET!

・おなかがいっぱいではない(←ここ重要
 ポリンに食べさせてすばやくチェンジ!
 ポリンを倒してアイテム回収
 通称 ポリン銀行

このどちらも不正対策では入れないうちに消えてしまうとか
第三者がアイテムを拾ってしまう危険性とか
ぽりんを倒してしまう可能性とか
ぽりんに消化されてしまうとか危険がいっぱいなわけだったけど
とりあえずは個人でも受け渡しは可能だった

ところが今回の新ログイン形式だと
アカウントを変えるとクライアントが立ち上がりなおすとかだし
癌IDまで変えるとなるとWEBログインからやらないとなので
アイテム放置は完全にNG
ぽりん銀行も時間がたてばたつほど危険性が増すのでやはりNG

アイテムうけわたしだけでなく
2PCで3アカ以上で支援をかけている人もいたりするので
そういう人も以前のようなスムーズな狩りは
できなくなっちゃったかも?





ふたを開けてみるまでは同一癌IDに複数アカウントがある人が
2PCログインできなくなるのでは?と危ぶまれていたけど
実際にはそっちはまったく問題なしだった

せめて毎回クライアントが落ちるのは何とかならないのかな?
とか思うけど一時パスの関係上だめっぽい?
癌IDの統合チャンスとか(課金時に一回あった…はず)
それならばせめてアカウント間の受け渡し方法をとかを!って話になって
以前没になってたメールシステムってのがでてくる
これは同じアカウントには送れないので同一アカ
キャラ間のzeny受け渡しには使えないようだけど
アカウントが別なら問題はない

じゃあそれを実装すればいいじゃん?ってのは
BOT問題を見つめ続けて丸っと2年の
CHAOS-BOT情報局としては簡単にそれは言えない
メールシステムが保留になってるのって
BOTアカなどの金品受け渡しの温床になるって理由だったはずだから





MMOなんだから受け渡しできる友人を作れってもっともな
意見もあるけど…それが誰でも簡単にできるようなら
こんなことは問題でも何でもない
信頼している友人であるからこそ受け渡しとか
頼みたくないって人も中にはいるようだし
果たしてこの件に救済はあるのかな?





アイテム受け渡し屋さんなんてのはどうだろうねって
友人に話したら
「愉快犯でわざと高額アイテムをわたして
返してもらっていないと難癖つける
当たり屋のような生き物も存在するから
気苦労の方が大きくてやってられないと思う」
…といわれてしまいました。
毎回受け渡しするたびに
受け渡し窓や取引ログのSSとってとか
確かに大変すぎるかも
[PR]

by yuka_iz | 2008-09-30 20:43 | ◆RO-LIFE

<< RMTに関するアンケート さよならローソン >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。