【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  BOTツール製作者600万ドル支払いに同意

WoWでBOTツールを販売していた業者が裁判で
支払いを訴えられそれを判決で認められたお話。

しかしWoWではBOTは規約違反ではないとのこと
今回は規約違反ではないが
規約違反と著作権侵害の2点での訴えとなり
著作権侵害についてのみ認められたようです。
4game.net
WoW用のBotツール制作者,
Blizzardへの600万ドルの支払いに同意

編集部:aueki
 「World of Warcraft」用のBotツール「WoW Glider」について,BlizzardとMDYで争われていた訴訟で,MDYはBlizzardに600万ドルの賠償を行うことに同意した。
 WoW Gliderは,WoWの操作を自動化するツールで,プレイヤーがいなくても狩りを続けられ,放置しておくだけで高レベルのキャラクターを育成できる。プレイヤーを退屈な作業から解放する,というのが売り文句だ。商標上の問題もあって,WoW Gliderは現在MMO Gliderに名称を変えている。
 Blizzardは,このツールがWoWの利用規約に違反していることと著作権を侵害していることを問題とした訴訟を起こしていた。これは,MMO Gliderが,キャラクターの自動操作以外にGold Farmingでも使用できるツールであり,利用者が規約違反をするだろうことを看過してツールを販売したこと,ゲーム内のバランスを破壊されたことなどに対しての賠償を求めるものだ。
 元々のWoWの規約ではBotが禁止されていなかったことなどや,ツールの制作でBlizzardの著作権が侵害されたことが証明できないことなどから裁判のなりゆきが注目されていたのだが,著作権侵害については,MMO Gliderがゲームクライアントをメモリ上にロードすることが,著作物の複製に当たるか否かなどが争点となった。なお,実行時のプログラムのメモリへのロードについては,著作権で認められている範囲である(当たり前か)。
 これに対しては,Botプログラムからのゲームクライアント読み込みは,ライセンスの範囲を超える著作権侵害に相当するとの判断が下されており,MDY側はこの判決を受け入れた。
 15ドルで10万本以上販売されたとされるツールなので,売り上げ額は150万ドル以上にはなるのだが,Blizzard側の「損害はその2倍以上」という主張が通った形になる。この件についてBlizzardが要求していた販売禁止命令は却下されているが,Blizzardではこの点についてもまだ争いを続ける模様だ。

 これまでBot問題については,Bot利用者がゲーム内で処罰されることは多く見られるが,ツール作成者に対して賠償が認められたことは画期的なことだろう。アメリカでの裁判なので,日本の法廷での判断ではないこと,損害額の算定にはどれくらいの根拠があるのかなど疑問もないではないが,MMORPGとBotを巡る問題の動向として頭の片隅に入れておきたい。
解釈の問題にもなってくるので
BOTツール作成=即敗訴ってわけでもないのですが
今後のこういった裁判関係には大きく影響しそうです。
[PR]

by yuka_iz | 2008-10-03 17:46 | ◆めざせ!BOT-100%

<< ぞろ目数字露店に注意? RMTに関するアンケート >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。