【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  RMT対談その後一週間

Ses Bot Blogさん企画の
「RMTについてのイベント」終了からまる一週間たちました。
内容についてはRAGUで他の記者さんが紹介してくれている通り。
・RMT業者との対談の成果
・SBBさんの「RMT業者との対談」に
 参加してきました(ログあり)

RAGUweb.net

しかしながら 企画者であるSBBさんでは
イベントの報告記事やまとめなどの動きが一切ないままです。
10/13の早朝にイベント終了の報告と詳細は後日
という記事を書いたのが最後で
文字通り音沙汰がなくなってしまった状態です。
ただ忙しいだけならばしょうがないのですが(リアル大事ですし)
イベントの性質上 このまま放りっ放しというのは
あまり好ましくないなと思っています。






 
 
今回のイベントはRMT銀行(RMT業者)との共同企画となっています。
もちろん、SBBは「RMT断固反対」の立場は絶対!!!!です。
通常、共同企画を組むということは、winwinの関係を目指すということにあります。
しかし今回はwinwinでも何でもありません。
共に敵同士とでもいいますか・・・。
ただ、今回の趣旨、共通目的
SBB、RMT銀行共に目指すものは、
「ユーザーにRMTの現状を分かって欲しい」ということです。

このイベントを不快に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、このイベント趣旨はあくまでも「現状把握」です。
RMTについての考えを改めろ!なんて趣旨は全くありません。
参加して頂き、RMTについて知って、一緒に考えて頂ければ幸いです。

さて、今回のイベントは「RMTを知ろう」という目的でした。
「敵を知る」これはまぁ 戦う上では大事なことかと思い
私は参加しましたのでSBBさんの趣向に完全同意ではありませんでした。
ただ興味があったので参加した…これに尽きます。

SBBさんは その業者さんを信頼できる人だと判断して
イベントを立ち上げられました…が

対談でお話した印象や内容
イベント後の業者さんの新企画 金さんの新企画RAGUweb.net
どれをとってもどういう意味で信頼していいのか私にはわかりません。

RMTに扱うゲーム内通貨を徹底的に査定して
BOT通貨を扱わないと強く宣言しているところでしょうか?

RMTの影響で起こる問題はBOT関係だけではありません

クリーンな通貨だからといって売っていいというわけでもありません
そもそも、クリーンだっていう主張も「言うだけなら無料」なわけです。
むしろわざわざ「クリーン」を主張されても胡散臭くてかないません
いくら通貨がクリーンでも
禁止されているゲーム銘柄のRMTは「不正」です。

もちろんセカンドライフのような最初からRMTが想定されたゲームや
運営がRMTを許可しているゲームで行う事にまで反対を
唱えるつもりはありませんけどね

RMTで営業をしたい
またRMTで通貨を買いたいという方は
まず運営に、RMTを解禁するよう呼びかけて
正当性を勝ち取ってからしましょうね
それができなければどこまでいってもRMTは不正なんですよ。

今回の企画について色々と矛盾するものを感じてたりします。
いか様さんの
「SBBさんがハッキングされてる」説もあながち嘘ではない?
なんて思ってしまいそうなほど
ですのでSBBさんには是非まとめ見解をお願いしたいです。



[PR]

by yuka_iz | 2008-10-20 23:52 | ◆めざせ!BOT-100%

<< ■措置件数:11件 ROユーザー意識調査の結果発表... >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。