【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  2009のラグナロクオンライン

3月に「メモリアルダンジョン」4月に「戦場」システム導入
――「ラグナロクオンライン」年頭インタビュー
 Itmedia

フィリピンで世界選手権があったり、ニンテンドーDS版が発売されたりと、2008年にはいろいろなことがあった「ラグナロクオンライン」。三次職の導入を控えた2009年にはどんな展開を見せるのか? スタッフに根堀り葉堀り聞いてみた。
いくつか抜粋してみました。詳細はもと記事へどうぞ

【3月に「メモリアルダンジョン」4月に「戦場」システム導入】
色々調整中なのだそうです。
【三次職は2009年内 グラフィックは検討中】
―― かなり野心的なアップデート要素になるわけですね。つまり。そうなると、企画と検証には相応の時間がかかると。

廣瀬氏 はい。「早く三次職をプレイしたい!」という方が大勢いらっしゃることは重々承知していますが、導入時点でバランスがとれていないとか、ここまでの流れとまったく違って受け入れがたいとか、そうしたことがないよう、ここはクオリティを重視していきたいと思っています。

―― 各キャラクターの将来そのものが懸かっているわけですから、確かにプレイモチベーションへの影響は甚大なものがあるでしょうね。

廣瀬氏 そうなんですよ。長年かけて育ててきたキャラクター、固めてきた装備が、ある場合無価値になるといったことでは困るわけです。そこは慎重の上にも慎重を期して、GRAVITY社のスタッフにも理解してもらいつつ、良いものに仕上げていきたいと思っています。

―― いろいろと意見の多い三次職のグラフィックスですが、率直に言って、変わる余地はありそうでしょうか?

千葉氏 昨年の(ラグナロクオンラインファン感謝祭2008における)発表時点から見ると、現在のものもすでに変わってはいます。

―― では、これからも変わっていく余地がある、と?

廣瀬氏
 もちろんGRAVITYの開発コンセプトがありますけれども、そこはある意味良いケンカをしながら、変えていく気でいます。

中村氏 ただし、あるデザインが日本だと受け入れられにくいけれども、ほかの国では好評であるということもあり得ますので、日本だけの意見で修正することは難しい事柄でもあります。

廣瀬氏 でも、自己主張していきますよ。
是非がんばっていただきたいw
【RJC2009予選エントリー間近】
2/10よりエントリー開始 特設ページRJC2009
【3月にオフラインミーティング】
中村氏 そうです。また、それとは別のお話になりますが、3月頃に「新オフラインミーティング」を考えています。

―― オフラインミーティングといえば、これまで営々と続いてきた、ファンの方との直接の交流機会ですよね。「新」と銘打つゆえんはどのあたりにあるのでしょうか?

中村氏 まさしく長い間実施してきたために、ユーザーさんからいただくご質問の内容が変わってきたということが背景にあります。「オフラインミーティング」といえば、伝統的に経営陣とユーザーさんが直接話せる機会として意義があり、当初の話題はなんといっても不正対策でした。しかしながらゲームサービスが歳月を重ね、不正対策も進展してくると、ユーザーさんからの質問はゲーム内容に特化した、具体的なものになっていきました。

―― なるほど、トピックスの変化への対応として、オフラインミーティングが果たす役割も変わっていくべきだと。

中村氏 はい。結果として、昨年開催して一定の評価を得た「ユーザーシンポジウム」に近い形で、より現場に近い立場の者がいろいろな発表をさせていただき、参加者からのご質問にお答えする形にしたいと考えています。
どのような形のミーティングになるのでしょうか?
時期的にいってRJCと併設?って気もしますね。

―― では、お三方それぞれの立場で、「ラグナロクオンライン」2009年の抱負をいただければと思います。

廣瀬氏 2009年を一言で表すと、クオリティアップの年にしたいと思っています。どの年ももちろんクオリティアップに努めていますが、今年は特に既存要素のブラッシュアップと、現在GRAVITY社で進められている新要素の制作に関わることで、新しく、それでいて安心して楽しめるものにしていくために、注力していきたいと思います。

 開発元から届く要素をとにかく入れようというわけでなく、腰を据えてクオリティアップをしていきたい。そんな年になると思います。

千葉氏 自分の担当分野に沿ってゲーム内イベントを中心に話しますと、ブラッシュアップや新要素の追加が進むなかで、それらが同じ方向のベクトルにそろってきてしまっている印象も受けます。そこで、キャストイベントにせよ永続実装イベントにせよ、違うベクトルを盛り込んで枝葉を作り、厚みを持たせたいという思いがあります。

 時間をかけるべきことにかける一方で、別に大型アップデートあわせでなくても、導入できる新要素は早急に導入していき、新要素が何もないという状態を作らないようにしたいですね。せっかく呼んだ新規ユーザーさんに魅力を見出してもらえるよう、GRAVITY社と協力し、全世界的な仕様改善を提案する勢いで、やっていきたいと思います。

中村氏 本当に、細かい部分のアップデートが増えてくる年になると思います。で、その際ユーザーのみなさんにも、それを宣伝しお伝えしていかねばならない。そういった意味でユーザーの方一人ひとりにとって「痒いところに手が届く」、必要な情報が届くようにしていきたいと思っています。

 そしてゲームの中に留まらず、直近の例なら「ポリンぱん」ですとか、ゲーム内にローソンを建ててみたりとか、6年経ってもまだまだ新しいことはできると思うんですね。それをお見せすることで、ゲームの外での話題を作っていきたいなと。

 そうして、中と外で盛り上げていくほかに何か「バカなこと」もしたいですね(笑)。真面目にやるのも大切ですが、そればかりでなくてもいい。そんな飛び道具を考えつつです。「ああ、バカなことやってるなあ」と、暖かい目で見ていただければ(笑)。

―― 今後の活躍を楽しみにしています(笑)。本日はありがとうございました。



[PR]

by yuka_iz | 2009-02-07 02:17 | ◆その他

<< エコといえば トラバキャンペーン ぽりんぱん! >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。