【アカウントハックにご注意ください!】
ウィルス対策ソフトの導入しましょう。 ウィンドウズアップデートを実行しましょう。
Adobe Flash Playerのバージョンチェック 最新は 10.0.45.2 / 最新版DL
Adobe ReaderのDL 最新はAdobe Reader 9.3
  BOT露店不買運動詳細
  プラチナリボン運動詳細
 
  不正をなくすには まず 
  不正者から買わない 不正者に売らない 不正者と関わらない
  ちょっと歪んだROFANサイトです貴方も参加してみませんか?
  私も一記者として参加しています。
■ このブログについて ■
  - about me -
 ←拍手
 ←ブログランキング

  カスペルスキーにハッカーが侵入!?

セキュリティには割りと疎い私ですが
とりあえずカスペルスキーなら信頼していいんじゃない?的な
認識のカスペルスキーさんにSQLインジェクション攻撃をうけていた模様
情報が流出してるとか!
セキュリティー大手のカスペルスキー、
SQLインジェクション攻撃で内部情報が流出


d0079026_2327463.jpg2009/2/9 20:34 - セキュリティーソフト大手「カスペルスキー(Kaspersky)」の米国法人のウエブサイト(usa.kaspersky.com)がハッカーにより侵入されていたことが7日、ハッカーが各種掲示版に投稿したメッセージにより明らかとなった。

 インターネット上の掲示版には侵入によって明らかとなった内部データベースのユーザーID、パスワード、またテーブル定義などがハードコピー画像と共に多数、アップロードされる状態となっており、カスペルスキー側の対応が遅れた場合には更に情報流出が広がる可能性なども残っている。

 セキュリティー専門家によると、侵入の手口は「SQLインジェクション」攻撃というもので、サイトのセキュリティーホールを突くことによって内部で動作しているSQLデータベースのコマンドを外部から実行して、内部情報を取得するというもの。

 この手口により、内部データベースに保存されていた顧客情報やソフトのアクティベーションコードなど多数の内部情報が流出した模様だ。

 日本でも昨年末にはセキュリティー関連の啓蒙活動を行っている経済産業省系列の外郭団体「独立行政法人情報処理推進機構(IPA)」の職員の私物パソコンに保存されていたデータがP2Pソフトに伝染するウィルスによって外部流出したり、また昨年3月には国内セキュリティー最大手「トレンドマイクロ」のウエブサイトに何者かが侵入し、サイトにアクセスするとウィルスに感染するように改ざんが行われるなど、本来であればもっとも堅固であるはずのセキュリティーの専門家がハッカーの侵入を許すという事態が最近になって頻発している。


怖い怖い

[PR]

by yuka_iz | 2009-02-09 23:28 | ◆アカハク/セキュリティ

<< ■措置件数:2,896件 スクルドで限定イベント >>

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、
運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity
並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2009 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

このページ内における、全ての転載されたコンテンツの著作権につきましては、それぞれ転載元の著作者に帰属します。